So-net無料ブログ作成
検索選択

第9話 『虚執事』 [黒執事Ⅱ]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

遅ばせながら、感想を…
何かシエルがえらいことになってきましたね(汗)
クロードの方向性もよく分かんなくなってきました。

シリアスなのかギャグなのか、はっきりしてほしいw


では、以下レビューです ↓


02.jpg

アロイスの魂が入った指輪は、レッドムーン・シャドウの箱に収納されているんですね。
クロードが、「自分はアロイスの魂を使って何をするのか」というクイズ
三つ子達に出すと…

03.jpg

右の絵は、一体何が言いたかったんだw

残念ながら2人とも外れで、答えは「装飾が変化している」とのこと。
ハンナが正解を述べるなり、机の上で踊りだしたクロードが何だかシュールです。

「彼らの魂は根本こそ違えど共通項がある。彼らを彩るその過去だ。これぞ利用価値」

一体何に使おうとしてるんですかね?う‐む、謎だ…。


さて、場面は変わって今度はシエル。
女王の命により、近頃頻発している少年の目玉がくり抜かれてしまうという事件を、
調査することになりました。

04.jpg

「そうか、生き延びたか…」

そして、今回の事件にはアロイスが関わっていると踏んだシエル。
まぁ、実際はもう死んでるんですけどね。
まるでアロイスが生きていることを喜んでるみたいな口ぶりです。

その後セバスにアロイスのことについて質問するシエルですが、
ここで突然何者かに襲撃されてしまいます。
シエルを安全な木箱の中に隠れさせた後、セバスはその襲撃犯と対峙。

05.jpg

「次の死神は、ロナルド・ノックスDIE☆」

グレルに言われて、決め台詞を庶務課の女の子に考えてもらったとかw
アロイスの魂が回収できなかったため、死神が出てきたみたいです。
グレルは帳尻が合えばいいとか言ってたのに、話が違う…。あ、ウィルも登場してきました。

はてさて、『悪魔VS死神』のバトル開始──────!!


一方、木箱に入っていたシエルは記憶が戻り始め、セバスを探し始めちゃいました。
走るシエルは途中でアロイスらしき人物の姿を見つけ、追いかけます。
追い詰めることに成功しましたが、ハンナの嘘によりシエルがヤードに連行されることに!

bdcam 2010-08-30 02-55-27-679.jpg

とりあえず、誰かクロードの肩に乗ってる小鳥にツッコんであげて下さいw


連れて行かれたシエルは、特別治療もとい拷問にかけられます。
女王の命も、全てクロードが仕組んでいた罠だったんですね。
アロイスの魂を使ってシエルは記憶を混濁させられ、セバスが到着した頃にはすで遅し…。
両親を殺した犯人が、セバスということになってしまいました。

06.jpg

「命令だ 僕の前から姿を消せ!」

さすがの彼もショックみたいですね。
ただ、「イエス・マイロード」や「御意」などと言わなかったところを見ると、
このまま黙っているつもりはないみたいです。

「ファントムハイヴの執事として、蜘蛛掃除をせねば…ですね」

「ですね」って「DEATHね」?
夕日をバックに、悪魔モードになってるセバスが怖いw


そして、その後トランシー邸へと向かったクロードとシエル。

08.jpg

玄関で2人を出迎えたハンナに、クロードが一言。

「熱い湯に旦那様を…いや、坊ちゃんをボッチャンと」

ごめん、ちょっとウザいよ。黙ろうか…。
と思いつつ、ウケてしまった自分が悲しい←



~次回予告~

シエル・ファントムハイヴが探し求めた復讐の相手。
それはセバスチャン・ミカエリス。なるほど、なかなかに面白い。

フフフ…フハハハハハハ!

次回、零執事。
ファントムハイヴ家の執事たる者、ファントムハイヴ家の執事たる者…!!

07.jpg

小野さん怖いよ!笑ってるのに、声は全然笑ってないよ!!

しかしまぁ、相変わらず展開が読めないですね。
4話ぐらいで、やっとストーリーが掴めてきたと思ったのになぁ…。

でも、アロイスの弟・ルカがセバスと契約してたというのは、
結構みんな予想できたんじゃないでしょうか。
これは、わざと分かりやすい感じにしてたんですかね?

何はともあれ、セバスには早くシエルを取り戻してほしいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。