So-net無料ブログ作成
検索選択

七話、八話感想 [戦国BASARA弐]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


第七話 『最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!』

自らの決断によって、幸村にもたらされた結果は受け容れ難いものだった。
信玄の宿願に寄り添い、その申し子としてのみ槍を振るい続けてきた日々が今、
他ならぬ幸村自身を深い煩悶の淵へと追い詰めていた。
心は立ち止まっても、その歩みを止めることは許されない。
さだまらぬ想いを抱えたまま薩摩へとたどり着いた幸村を、ある出逢いが待ち受けていた!


お館様は皆のお父さんだったり、離れていても筆頭と小十郎の心は1つだったり…

そして、宮本武蔵がアホの子だったり。

bdcam 2010-08-15 23-49-50-827.jpg

7話はだいたいそんな感じでした←


第八話 『友垣との哀しき再会 猛執刻まれし日の記憶!』


大坂城にて秀吉との対面を果たした慶次は、
大切な家族を守るための申し出と、かけがえのない友への切実な問いを投げかける。

人の"幸せ"とは、そして"強さ"とは何なのか───。

だが「強き者のみが作る明日」を目指す秀吉と
「人のつながりが作る明日」を信じる慶次の対話は相容れることがない。
やりきれぬ思いを募らせた慶次の脳裏をよぎるのは、
過ぎ去りし時─────秀吉を変えた運命の日の光景だった!


bdcam 2010-08-30 02-03-20-729.jpg

豊臣と手を切ることは出来たものの、結局想いは秀吉には届かなかった慶次。
仕方なく城を出ようと門まで歩いていると、そこに半兵衛が。
自分は秀吉の軍師であると言う彼に、慶次は彼に問いかけます。

「その前に友達なんじゃないのか?」

友達って(苦笑)
慶次の考えは分かりますが、戦国の世においてはちょっと甘いですね。
半兵衛にも冷たくあしらわれちゃいました。

そして慶次が門を出た後、咳込む半兵衛。
口を押さえた彼の手には血が…結核ですね。

01.jpg

今までも事を急いていた半兵衛ですが、更に厳しい状況になったようです。


さて、所変わってこちらは薩摩。

幸村はまだ悩んでいるご様子。
まぁ、そう簡単にはふっきれませんよね。
自分のせいで、小山田は死んでしまったわけですし。

それに引き換え、武蔵ときたらw

02.jpg

でも、今の幸村にはちょうどいいかも。
島津のじっちゃんや武蔵の明るさに触れて、己の進むべき道を見つけられるといいです。


そして、再び戻って慶次の方はと言うと……夢吉が(汗)

bdcam 2010-08-30 02-15-22-517.jpg

疲れが出ちゃったんですかね。
それでも慶次を気遣ってるところが健気で可愛いです。

で、いきなり話は変わるんですが、ここで慶次の回想シーンが入りまして…
秀吉が強さを追い求めるようになった原因が、松永だったということが分かりました。

03.jpg

腕試しのつもりで松永に喧嘩を売ったわけですが、ボロ負けしてしまった秀吉。

「君らはまだ知らないかもしれないが、力の無い者は何をされても仕方が無い。
それが世の真理。戦には死が付き物だ。彼は今、身をもってそれを知ろうとしている」

嫌なほど己の無力さを知ることになった秀吉には、痛い言葉ですね。
きっと、いまだにこの出来事が堪えてるんじゃないでしょうか。
友であった慶次も、自分を庇ったがために怪我しちゃいましたし。

まぁ、でも松永の方は覚えてなかったんですけどw
豊臣は松永と手を組むみたいですね。どうやら松永を伊達軍に迎え撃たせるみたいです。
何だか恐ろしいことになりそうだ…。


そんでもってラストは筆頭!
夜道、何やら山賊らしき連中に囲まれて……って!?

04.jpg

アニキ!!!

やっぱり生きてたんですね!
でも、何か登場するのが早いような気がする…けど、まぁいいか←
次回のタイトルに「連合軍」の文字があったので、筆頭と協力するっぽいですね。

いや‐、次回が待ち遠しいわw


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。