So-net無料ブログ作成
検索選択

第十一話 『覇走豊臣大本隊! 本気の慶次、断腸の抜刀!!』 [戦国BASARA弐]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


豊臣の手の内を探るべく、大坂城に忍び込んだ佐助とかすが。

すでに何者かが潜入した形跡を発見し鉢合わせを警戒する中、
作戦室にて驚くべき企てを知る。

敵軍の差し向けられた先にいる自軍を心配するが、そこに突如激しい襲来を受ける……!!

徳川家康.jpg

先生、家康がイケメンです。
本当にありがとうございましたw


では、以下レビューです ↓


01.jpg

半兵衛が日輪を奪うために城を出た後、
風魔小太郎は何やらコソコソと怪しい動きを見せる…

一方、佐助とかすがはというと捕らわれていた小十郎を見つけ、彼を救出。
3人は場内に置かれていた地図を見ながら、半兵衛の策略の内容を知ります。

「上杉を背(セナ)から攻める気だ…」

小十郎のその言葉に、不安を募らせるかすが。
ここで、佐助が飛び道具を貸してあげるところがいいですね。
小十郎にも、近くにあった刀を渡そうとしています。

しかし、ここで小太郎が登場!
どうやら狙いは佐助が今程渡そうとしていた刀。
バトルモードな佐助の目がカッコいいです。

bdcam 2010-09-19 21-53-15-571.jpg

夢吉の目は可愛い
刀を渡すと、小太郎はあっさり雇い主…松永の所に戻って行きました。

そして小十郎は馬を走らせ、城から脱します。
途中、捕らわれていたアニキの部下達を助けてあげてました。


あ、すいません。松永はあえてスルーしときます←

02.jpg

小太郎からお目当ての刀を受け取ると、
「この宝刀を肴に、今宵は魔王の頭蓋で一献傾けるとしよう」とか何とか言って、
小太郎と共にどこかへ行ってしまいました。

「政宗様!!」

と、そこへ…筆頭の元へ小十郎が!

ついに感動の再会ですねw
小十郎から部下達が大阪城で戦っていることを聞いたアニキは、
残念ながらここでお別れです。

03.jpg

「よく戻った…」

しかし、まぁ、本当は物凄く嬉しいくせにあえてその感じを見せない筆頭がw
あ‐、でもせっかく再会出来たのに、小十郎は半兵衛の元へ行ってしまいましたね。
やっぱり筆頭の背中を守れなかったことが、悔しいんだろうなぁ。


さて、そんな素晴らしい主従タイムの後には〝部下は捨て駒タイム〟ですw

bdcam 2010-09-19 21-32-23-147.jpg

毛利は何のためらいもなく、赤川元保を斬り捨てていました。
実は彼、豊臣の間者なんだそうで…。
毛利はそれを知った上で、利用していたみたいですね。流石というか、何というか。

それはさておき、日輪の威力がハンパじゃない。

05.jpg

本田忠勝といい、日輪といい、スタッフの皆さんはガンダムがお好きなんでしょうかw
ソーラ・レイ並みの威力誇ってますね、コレ。

せっかく吹っ切れた幸村でしたが、
流石にこの様子を見たらちょっと焦りますよね…。

06.jpg

それにしても良い顔つきになりましたね、幸村。


んで、一方秀吉を止めに行った慶次はというと、ナウシカになってました。

さながら「やめて!撃たないで!」のシーン。
秀吉…目が赤いですしね。王蟲と一緒ですよ。暴走してるんです←

07.jpg

やっぱり慶次は甘い…。
皆平和に暮らしてほしい気持ちは分かりますが、今は戦国の世ですから。
そんな理想掲げても、誰も聞いちゃくれませんよね。

「ノックアウトされちまったが、負け犬じゃねぇ」

そんな慶次に、そう言葉をかけてやる筆頭が優しいです。


そして、場面は変わって毛利を止めんとする幸村……

佐助から、戦況の報告を受けていました。

08.jpg

宇都宮を牽制した上杉の背後には、最北端に潜んでいた石田三成が。
九州には徳川家康が。
そして、筆頭が小田原へ向かったということ…。

「生きておられたか、政宗殿」

嬉しそうだな、幸村w

そういえば、小十郎は半兵衛の所に辿り着きましたね。
筆頭も秀吉と再び対峙しました。

いよいよ次回は最終回!

bdcam 2010-09-19 21-49-55-663.jpg

とりあえず、今の所引きでしか映ってない三成のアップが見れるといいn((


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。