So-net無料ブログ作成
検索選択

第7話 『俺の妹がこんなに小説家なわけがない』 [俺の妹がこんなに可愛いわけがない]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

ちょっ…こめっとくんの声優が岩田光央さんだった!

マスコットキャラなのに、可愛い声じゃないって何か新鮮ですw
上に京介達の声がかぶっていたので聞き取りづらかったですが、凄く良い味出てました。
何かちょっともったいない気がするな…。


では、以下レビューです ↓


ある日、帰宅した京介は、なぜかリビングで一 人たたずむ黒猫に驚く。
「星くず☆うぃっちメルル」を鑑賞するために高坂家にやって来たのだが、
桐乃と黒猫、それぞれの創作物に関することでけんかになってしまったのだ。
仲裁のためそれぞれの言い分を聞いてみる京介だったが……。


02.jpg

お互いの書いた小説を交換して読んだら、見事に喧嘩になりました。

黒猫に桐乃の小説の感想聞いてみると、「殺したくなったわ…」という返事が。
何せ、主人公は桐乃にそっくり。
顔文字や記号が句読点よりも多く、内容のほとんどは自画自賛。

おまけに、明らかに黒猫をモデルにしたと思われるキャラが、凌辱されて死にます。

そりゃ怒っていいよw

03.jpg

これには流石の京介も呆れ、桐乃を叱ります。

が、しかし、彼女にも何やら言い分があるようで…。
とりあえず黒猫の小説の感想を聞いてみると、「ぶっ殺そうかと思った」と返ってきました。

彼女の作品は難解な言い回しや漢字が多く、
先に200ページもある設定資料を読まねばならないみたいですね。

その上、桐乃がモデルのキャラが主人公の性奴隷にされていました。

どっちもどっこいじゃないかw

04.jpg

とはいえ、何やかんや言いながらも、2人ともちゃんと全部読んでるんですよね。

批判するにしても、まずは全て目を通してから。
この若さでそれが出来るんだから、大したもんです。
私も見習わなくては(苦笑)

そして、黒猫の絵が上手い!
原作ではもっと下手なイメージだったんですが…。
構図とかも上手ですよね。

06.jpg

ただ、若干DTBの黒に似てるのが気になるw

* = * = * = * 

さて、その後何とか2人の仲を取り持ち、無事メルル鑑賞会を終えた京介。

それから、しばらく経った日のこと…
家に帰ると、何故か玄関で桐乃が仁王立ちをしてました。

「ノーパソでエロサイト見まくってるでしょ!?」

07.jpg

実は桐乃から借りたパソコンで、エロサイト巡りをしていた京介。
反論の余地なし。
妹から〝エロ動画ハンター〟の称号を授かりましたw

ちなみに、原作だと〝カリビ●ンコム〟だというのは秘密です←

そんなわけで、卑猥なものを見せてしまった責任を取るために、
京介はまたもや人生相談に乗る羽目になってしまいました。

08.jpg

此度の依頼内容は、小説の取材に付き合うこと。

小説サイトに投稿した作品が雷撃文庫の編集者の目に止まり、
文庫化の話を持ちかけられたんだとか。

ただ、桐乃としてはその投稿済みの完結した作品でなく、新作を書き下ろして、
作家デビューしたいんですよね。

だから、まずは今回編集者から指摘された
『読者が感情移入しにくい』という点を克服すべく、
主人公と同じような境遇に身をおいてみることになりました。

「アンタ、ちょっとあそこの真ん中行って、暴走した車に轢かれてきて」

だからって、横断歩道指さしながらその命令はないよ!
他にも3万もする指輪を買わせようとしたり、真冬に頭から水をかぶったり……

兄妹でラブホに入ることになったり。

09.jpg

滅茶苦茶だけど、本人はいたって真面目ですw

んで、次回のタイトルは『俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない』、ですか。
アニメオリジナルな展開とは…ちょっと不安かも。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(30) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 30

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。