So-net無料ブログ作成

第8話 『いつだって流星のように』 [STAR DRIVER 輝きのタクト]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

カタシロ・リョウスケ…

現段階では彼がタクトの父親である可能性が高いですが、
何だかそれだと捻りがなさすぎる気がしますね。

私的には、実はヘッドがタクトの父親なんじゃないかと疑ってますw
だってCV.石田さんなのに、今までソファーに寝転がることしかやってないもの←
そろそろ、彼も動き出してくれると嬉しいんですが…。


では、以下レビューです ↓


スガタが目覚めた翌日。

学校の風景はいつもどおりのものに戻ったが、
タクト、ワコ、スガタの3人を取り巻く空気はどこかぎこちないものとなっていた。

一方、その日の夕方開かれた綺羅星十字団の総会では、
ザメクのスタードライバー誕生による重苦しい空気の中、
一人余裕の態度を見せるスカーレットキスの姿があった。

昨晩スガタへキスする事に成功していた彼女は、
自らの第一フューズの力でスガタを自分のものにし、操る事を目論んでいた。


02.jpg

サカナちゃん、島から出て行っちゃうんですね。
何だか、ヘッドと上手く折り合いが付かなくなったみたいです。

涙を流したりと、彼との別れを惜しむ様子も見受けられましたが、
何だかちょっと楽しそうな顔もしてますね。
島に縛られずに生きられるっていうのが嬉しいのかな?

03.jpg

それにしても、明らかに綺羅星な新キャラ・ミズノや、
ツバサ君と交際を始めちゃったミドリ。
スガタとキスして有頂天になってるベニオがw

しかし、そんな幸せそうな彼女達とは、真逆な雰囲気の美少年2人。

「お前ってさ、本気で誰かと向き合ったりしてないよな?」

周りの人間はおろか自分自身にも関心を抱かず、
その上ワコの気持ちまで踏みにじったスガタに、タクトは拳を向けます。

04.jpg

けれど、そんなタクトだって自分の生き死にを確かめるために、
この島まで泳いできたんじゃないかと逆に問われてしまいました。

まさに一触即発。

バックには海と夕日がありますし、
このまま青春の1ページっぽく殴り合いに発展するのかと思いきや、
何とここでゼロ時間に!

05.jpg

ベニオがページェントの力を使ってザメクの力を取り込み、タクトに勝負をしかけてきました。

まぁ、でも王の柱がそんな簡単に使われるはずがなく……
スガタを服従させたつもりの彼女でしたが、その力は簡単に破られてしまい、
そのままスガタVSタクトの戦いとなりました。

しかも、サイバディを用いて拳と拳の語り合い。

06.jpg

バトルシーンはカッコいいけど、意味が分からなくなってきたw
あ、でも真っ向からぶつかったことで、スガタの本心を知ることが出来ました。

「あのナイフはな…ワコを守るために持ってたんだ!!」

スガタも、ちゃんとワコのことを大事に思ってたんですね。
本音を聞くことの出来たタクトは、何だか凄くうれしそうです。
そうか不器用なだけだったのか…。

そして激しい戦闘の末、勝利したのはタクト。
けれど、負けたスガタも何だかふっきれたような顔をしてます。

っていうか、「ハァハァ」が長すぎるw

宮野さんも福山さんも、息遣いが上手なのは凄くよく分かりましたが(苦笑)
1分くらいありましたよね、ハァハァシーン。
流石に「もういいよ…」って気持ちになりました。

07.jpg

うん、ともかく良い青春でした!
他に言うことはないです。いや、それ以外の言葉が浮かばないです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(15) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。