So-net無料ブログ作成

おとめ妖怪ざくろ 最終回 [その他]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

何か最終回だけ感想を書くっていうのも、気が引けますね。

でも、私的には今期のアニメの中では上位にある作品なので…
あ‐、ホント何で感想書かなかったんだろう(苦笑)
曜日が違ったら、確実に書いてたと思うんですけどね。


では、以下レビューです ↓


02.jpg

乱杭の手によって、倒れる橙橙。

彼女は百緑のことを頼もしく思う反面、
いつも庇ってもらってる自分が情けなかったんですね。
それで、乱杭の言いなりになってしまったと…
穏やかな顔をして死んでいったのが、せめてもの救いです。

怒りに震える百緑は、そのまま乱杭に突っ込んでいきますが、
片手で払われてしまいました。
後からやってきた沢鷹達も応戦しますが、全く歯が立ちません。

挙句の果てに、景とまだ意識の戻らないざくろは、乱杭の糸でグルグル巻きに(汗)

03.jpg

「ざくろ君、君が好きだ───────」

死を意識し、ざくろに自分の想いを伝えられなかったことを悔いる景。
すると、その言葉に呼応するかのように、ざくろが目を覚ましました!

「馬鹿。そういう台詞は、全てが終わってからにして」

ここで景に唇を近付けるもんだから、私はてっきりキスでもするのかとw

「柘榴の色は、何故赤い。怒り振るえる眼の色か。愛知る娘の頬さす紅か。
乙女の純潔、純なる決意。赤と散るのも厭わずに。
いざ、妖々と参ります」

そして、糸を引きちぎったかと思うと、ペンダントに封じられている力を解放して、
乱杭を瞬殺しちゃいました。
何かぬらりひょんの孫にいた青田坊みたいですね。首飾りで力制御してるとか。

戦いが終わり、安堵する一同。
そんな中、沢鷹はは焼け落ちていく屋敷を見て、突羽根のいる部屋へ走っていきます。

しかし、そこにいたのは……

04.jpg

すでに変わり果てた姿の突羽根でした。

ざくろと沢鷹だけは、彼女のこの姿が見えていなかったんですね。
それは彼女に、生前と変わらぬ姿のままで
愛しい我が子達を見守っていたいという気持ちがあったから…。

「お前はずっと母一緒にといただろう。最後は私に──────」

そんな突羽根の想いを知った沢鷹は、屋敷が崩れてきてるというのに、
こんなことを言い出してしましました。
けれど、ざくろはそれをあえて引きとめず、
「好きにすればいいが、母様が本当にそれを望んでいるか考えろ」とだけ言い残します。

最後まで付き添うと言った百緑が何とも切ない…。

05.jpg

そして、再び戻ってきた幸せな日々。

しかし、そんな彼らに妖人省が解散するという知らせが。
そもそも軍が妖人と手を組んだのは、沢鷹の謀略によるものでしたしね。

利劔、丸竜、景の3人は、各々自分のパートナーに別れを告げます。

06.jpg

まぁ、このカップル達は放っておいても大丈夫そうですね。
利劔は愛かわらず男前だし、丸竜は堂々と二股宣言しちゃってるし←
アンタら早く結婚しちゃえよ!

それなのに、景&ざくろコンビは相変わらずな感じでw

景が何も考えずにまた告白したから、ざくろが怒っちゃったじゃないですか。
でも、何だかまんざらでもないみたいですね‐。

08.jpg

「好きよ…私もアンタが」

そんなわけでキス!

化物語の時も思いましたが、あえてキスシーンを映さないのっていいですよね。
私はこういう演出好きです。ニヤニヤが止まりませんな、このアニメ。

まぁ、でも皆、すぐに何事もなかったかのように戻ってきちゃうんですけどね。

09.jpg

というか、沢鷹と百緑が生きてた…。

何だかこっちも良い雰囲気?
街の人達も、妖人への態度を改めたみたいですし、良かった良かった。
まさにハッピーエンドって感じですね。

桐と桜にざくろとキスしてたことをバラされたのは、気の毒ですけどw

スタッフ、キャストの皆さんお疲れ様でした!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(26) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 26

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。