So-net無料ブログ作成
検索選択

第16話 『タクトのシルシ』 [STAR DRIVER 輝きのタクト]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

君の銀河はもう輝いている!

……じゃないよ!このチート主人公がぁぁぁぁぁぁぁっ!!←

結局、今までと同じパターンじゃないですか。
もう本当にベタでいいから、負けて落ち込んだりしてほしかったですw
強すぎる主人公ってのは、何だかなぁ(汗)
盛り上がったと思ったのに、個人的にはちょっと残念な回になってしまいました。

せっかく戦闘シーンも気合入ってたのに。
ヘッドもっと頑張れ!


では、以下レビューです ↓


家出を止めて家に戻ってきたミズノは、マリノの姿が見えない事に気づく。
ミズノは家で待ち続けるが、結局夜になってもマリノは帰ってこなかった。
翌日、化学実験室でケイトと出会ったミズノは、
そのまま綺羅星十字団の地下遺跡へ連れ去られてしまう。
巫女のサイバディ・メムに乗せられ、
ヘッドのサイバディ・レシュバルに貫かれてしまうミズノ。
ついに世界が第3フェーズへと突入した。


02.jpg

ケイトの元へ向かったミズノは騙され、薬で眠らされてしまいました。
目が覚めるとそこは綺羅星十字団の本部。
彼女の持つサイバディは、ヘッドのレシュバルに破壊され、封印を解かれてしまいます。

───────そして、マリノの姿が消える!?

本当は一人っ子だったのに、寂しさのあまりから巫女の力を使い、
幼い時にマリノを作り出してしまったミズノ。
疑似家族とはいえ、彼女にとってはかけがえのない存在です。
こりゃあマズイ状況だ…。

03.jpg

「お前だけが銀河美少年だと思うなよ」

ヘッド…歳知らないけど『少年』っていうには、ちよっと無理があるよねw

すぐさまヘッドと対決するタクト!
しかし、第3フェーズに移行した世界では手も足も出ません。
スターソードも使えなくなっちゃいました。
圧倒的な力の差の前ではなす術もなく、彼は止めを刺されそうになります。

しかし、危機一髪のところでタウバーンが輝きだし……

04.jpg

「僕は世界の声が聞きたいんだ」

ミズノの中に、タクトの記憶が流れ込んできました。
それは、彼が南十字島に来る前のこと。
病気を抱えながらも、夢を持ち続けた親友・ナツオとの思い出でした。

どうでもいいんだけど、女の子の声が棒読みなのが気になるわ!
それと、飛行機作って空を飛ぼうとするところが魔女の宅急便のトンボみたいw

じいちゃんの声は柴田さんか‐。思ってたより渋い感じの人でした。
そして、そのじいちゃんから譲られたシルシ。
ってことは、じいちゃんも銀河美少年だったんですねw

05.jpg

「やりたい事とやるべき事が一致する時、
世界の声が聞こえる!!」

覚醒(?)したタクトの剣が、レシュバルを切り裂く!
あれだけ優勢だったヘッドが、呆気なくやられちゃいましたよ…。
もう、誰もタクトには敵うまい。
第4フェーズの夢は、皆諦めた方がいいんじゃないかな。

そんな彼の姿を見て、ミズノは勇気をもらったみたいですね。
彼女は母親と会う決心をし、船へと乗り込みます。
すると、消えたはずのマリノから電話がかかってきました。

「ねぇ、マリノ。会いたいよ。今どこにいるの────?」
「あんたの後ろ」

06.jpg

マリノ消えてなかったぁぁぁぁぁぁっ!
いや‐、安心しました。バトルはちょっと残念でしたが、ここの展開は良かったです。
この2人が仲良く話してる姿が好きだったので、嬉しいですね。

で、次回は水着回だと……!?
この作品の着地点が、まったく分からんぞ…。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(44) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 2

ドューハン

<綺羅星!!お邪魔します。

まさか、レシュバルが“速攻退場!”して
しまうとは…確かに、強すぎですね
タクトくんってばww

ストーリー展開が、味わい深くなって来てただけに
仰る通り、“主人公の一本調子”はチョイ残念。
“負けるとサイバディが使えなくなる”
って設定も、足引っ張ってたりするんでしょうか?
――とはいえ

>マリノ消えてなかったぁぁぁぁぁぁっ!
>ここの展開は良かったです。

当方も、まったく同感です!
“巫女”の背景をちゃんと描いてくれるのは
正直なトコロ嬉しいです。

ところで…OPの感じからすると
もう一人残ってる“巫女”って、もしかして
“サリナさん”だったりしますかね?
…スミマセン、昔から物覚え悪いんで
本気で判らなくなってます……。

あと、じいちゃんは“シルシ”譲るまで
あの年齢で、“美少年”名乗ってたんですかねぇ?
チョットだけ気になります。

お眼汚し失礼しました。
ではでは!
by ドューハン (2011-01-24 17:40) 

なるひゃ

綺羅星!!!

「速攻退場!銀河美少年!!」なヘッド…。

タクトの一本調子は、最終回まで続きそうですね(苦笑)
まぁ、バトルモノにありがちな『敗北→落ち込む→パワーアップ』の
図式に当てはまらないのは、ある意味斬新かも。
まぁ、とりあえずミズノとマリノが幸せならいいです、うん!←

まだ素性が明らかになっていない〝ヒガシの巫女〟。
現段階では、小清水さん演じるケイトが有力みたいですよ。
この子はもう綺羅星側について、すでに封印を解いてます。

サリナは…一体何者なんでしょうね。
サイバディのこととか色々詳しいみたいですけど、
彼女も何か鍵を握ってるのかも。

>あの年齢で、“美少年”名乗ってたんですかねぇ?

それは深く考えちゃダメです!
だって、あのじいちゃんがタクトと同じ格好って…
あんまり想像したくないですw

げ、元気なおじいちゃんだな~(汗)

とりあえず次回は水着回みたいなので、
今から楽しみしておりますw
ではでは、コメントありがとうございました。

by なるひゃ (2011-01-25 01:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 44

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。