So-net無料ブログ作成
検索選択

第4話 『金色の糸はつかのまを切り裂く』 [GOSICK]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

一弥の好みは『金髪の可愛い娘』っと…メモメモ。

私も一時期、金髪碧眼キャラばかり好きになっていた時期がありました。
それで白スーツ着てたりなんかすると、ジャストミートでしたよ。
だから、彼の気持ちが分かる…分かるぞ!
確かに、金髪ってだけで何か良く見えてくるよね!!(黙


では、以下レビューです ↓


ある朝、一弥が村への道を歩いていると、そこに一台のバイクが通り過ぎた。
次の瞬間、運転手の首が宙に舞い、それを目撃した一弥は殺人の疑いをかけらてしまう。
一方、学園にはイギリスからの留学生アブリルがやってきた。
そして、長いあいだ使われていなかった納骨堂から、
騎士の姿をしたミイラが発見される。


02.jpg

突然、バイクに乗っていた男の首が飛んだ─────!?

ゾフィのお使いの途中、事件現場に居合わせてしまった一弥。
彼は急いでグレヴィールの所に行きますが、何故か犯人扱いされちゃいましたw
無罪を証明するため、彼は手錠をしたままヴィクトリカの元に向かいます。

あ、そうそう。現場の近くにはワイヤーが張られていたんだとか。
もう、わざわざ彼女に聞かなくてもトリックが分かるよね!ってツッコミはなしです(苦笑)
そういう作品ではないと分かったので、推理関係は期待してないんですが、
それにしてもちょっと単純すぎるような…。

で、彼女曰く犯人は金髪の少女とのこと。
体格的に劣っているため、バイクの進路上にワイヤーを張り、首を切断したんですね。
ちなみに何故金髪の少女かというと、それは一弥がその事件が起こった時に
「金髪の娘と仲良くなれたらいいな」と考えながら歩いてたからですw
実は視界の隅に金髪の少女が入っていたため、
無意識のうちにそういうことを考えてしまっていたんだとか。

それより、何か今日のヴィクトリカは機嫌が悪いような…。

03.jpg

「ひょっとして、僕の想像の女の子と比べたこと怒ってる?」

アチャ‐…言ってはならないことを(汗)
一弥は彼女の機嫌を損ねてしまい、険悪なまま別れることに。
でも、怒りながらもちゃんとお礼を言う彼はえらいですね。

─────そして翌日。

犯人が逮捕され、一弥のクラスにアブリル・ブラッドリーが転校してきました。
声は豊口めぐみさん。明るくて活発な子ですが、包帯が巻かれた右手が気になります。
ヴィクトリカが「犯人はワイヤーを仕掛けたときに怪我をしている」って
言ってましたしね…。

03.jpg

「春来たる黒い死神…よろしくね」

妙に色っぽい所も怪しいぞ←
さて、一弥はそんな彼女に学園の案内をすることになり、
その途中、セシル先生から亡くなった用務員の葬儀の準備を頼まれました。

8年間使われていない納骨堂の扉を開けると、何と中からミイラが!

05.jpg

騎士の格好をした、男性の遺体…
胸の所には、何故か枯れた桜草の花束がありました。
これを見たセシル先生は、気絶w
しかし、アブリルは取り乱す様子もなく、
納骨堂の中にあった1冊の本を手に取っていました。

これはヴィクトリカの所に行って、推理してもらうしかない!!

一弥はご機嫌をとるために、雷おこしを片手に彼女の元へ。
文句を言いながらも、しっかり食べてる姿が可愛いw

「中世の騎士の姿。盗まれた鍵。亡くなっていた遺体。
混沌の欠片は全て揃った──────」

そして、ヴィクトリカ節炸裂~。
今回の事件、犯人は8年前に亡くなったミリィ・マールという女性でした。
死を悟った彼女は、学園の卒業生で春の間だけやってくる
マクシムという男に睡眠薬を飲ませ、納骨堂に監禁。
そして彼女もまた、その納骨堂の中で息を引き取ったとのこと。

2人がどういう関係だったのかは分かりませんが、
桜草の花言葉は永遠にあなたと共に。
悪事ばかり働いていた彼を、何故ミリィは愛したのか……。

05.jpg

グレヴィールが呟いた、「灰色狼の分際で」って言葉も気になりますね。
もう、気になることだらけじゃないか…。
というか、真面目な顔してるグレヴィールってカッコイイなぁw
彼にも何か秘密がありそうな感じ?

首切り事件とミイラ事件。
一見、関連性がないように見えるこの2つの事件が、どう関係しているのか。
早く真相が知りたいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(36) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 36

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。