So-net無料ブログ作成
検索選択

第8話 『過去の王国に遠吠えがこだまする』 [GOSICK]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

今更だけど、これってブロワ侯爵でいいんですかね?

8話まできましたが、この人だけ未だに登場なし。
明らかに黒幕っぽいのに、物語に関わってきてない。
まぁ、2クールですし、まだまだ余裕はあるわけですけど…。

ちょっと今回の話を観たら、心配になってきました(苦笑)
物語の内容が粗いというか…何と言うか……。
あんまり文句は言いたくないですが、もうちょっと丁寧に描いてほしいかも。
あ、ヴィクトリカは相変わらず可愛いです!(黙


では、以下レビューです ↓


夏至祭の最中、村にやってきたよそ者2人が殺された。
その死の謎を解くヴィクトリカ。
しかし、村長は「ここはソヴュールではない」と、犯人を裁くことを許さない。
そして、ヴィクトリカは一弥とともに、
20年前のコルデリア・ギャロの無実も証そうとするのだった…。


02.jpg

アランとラウールを殺したのはデリク。

実は、窃盗犯だった3人。
どうやら仲間割れをし、それで殺害に至ったんだとか。
知らぬ間に来てたグレさんによって捉えられ、村で裁かれることになりました。

いや、村じゃなくて〝セイルーン王国〟でしたね。
ソヴュール王国の中に、独立した国家があるとは…。
セルジウスも村長じゃなくて、国王ですかw
でも、皆から普通に「村長」って呼ばれてたし、
本当にセイルーン王国って正式に認められた国なんですかね?
勝手にそう言ってるだけな気がするなぁ。

あ、そうそう。それと、ミルドレッドはグレさんとグルでした。
ポーカーでイカサマした罪をチャラにしてもらう代わりに、
ヴィクトリカの監視役をしていたんだとか。
この国の警察は、そんなんでいいんだろうか…。

03.jpg

そして、シオドアを殺した真犯人はハーマイニア。

10年前、彼女は金貨の隠し場所であった柱時計の中で息を潜め、
シオドアを待ち伏せていました。
金貨は、彼女が柱時計の扉を開けた時に落ちた物だったんですね。
彼がそれを拾っている間に殺害したそうですが、
それをのみの市の鳩トリックと一緒にするのは、ちょっと苦しいかも。
上から金貨が降ってきたら、まずそっちの方を見るような…。

で、殺害した後でドアに鍵をかけ、再び時計の中に隠れたと。
コルデリアは、運が悪かったとしか言いようがないですね。

ちなみに、殺害の理由は、神託の際に「26で死ぬ」と告げられからでした。
それを覆すために彼を殺したらしいんですが、そこがよく分からん…。

04.jpg

さて、「ハーマイニアを殺せ」と村長に命令されるアンブローズ。

しかし、彼は彼女に好意を抱いていたためそれが出来ず、逃がしてしまいます。
すると、彼女は村に火を放ち……
あろうことか、外界と村を結ぶ橋まで燃やし始めてしまいました。

慌てて橋を渡る一弥達ですが、ハーマイニアが槍を振りかざし、それを邪魔します。
「いくらなんでも火のまわりが早すぎる」なんてツッコミを忘れてしまうほど、
桑島さんの演技が素晴らしかったですw

「君は僕の友達だ。どうでもよくなんて…ないんだ!」

ヴィクトリカを庇う一弥は相変わらず男前ですね。
グレさんがまったく役になってないのが気になりますが。

結局アンブローズの手助けにより、ハーマイニアは谷底に落ちていきました。
それを見届け、再び走り出す一行。
ホッとしたのもつかの間、橋が崩れて今度は一弥が落ちた!

06.jpg

「2人が離れるのは、ここじゃないだろう!!」

咄嗟に彼の手を掴み、叫ぶヴィクトリカ。
悠木さんの演技もいいですね~。
ヴィクトリカの一弥を想う気持ちが、伝わってきます。

ついでに神託の際、彼女が一弥と同じ質問をしたことも分かりましたw
いや‐、ホント可愛い。
毎回同じ事言ってて申し訳ないけど、やっぱ可愛い。

そして、ブライアンと共に燃えゆく村を見つめるコルデリア。
無実が証明された今、彼女は何を思うんでしょうね…。

08.jpg

「帰ろう、いつものあの場所へ─────」

最後は何か綺麗にまとまったなぁ。

村を出て、前に進もうとするアンブローズ。
そして、15世紀を境に突然歴史から姿を消し、歩むことをやめてしまったセイルーン王国。
この2つの対比は、まぁ良かったですけどね。

個人的は、ハーマイニアのところは、もう少し後味悪くしてくれてもよかったかも。
流石に、『まどマギ』みたいなのは勘弁ですがw

ところで、15世紀って何があったっけ…?←
ビザンツ帝国が滅亡したってことしか思いつかないや。
ここも、今後の伏線になったりするんでしょうか。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(38) 

nice! 0

コメント 2

ドューハン

度々お邪魔です。

いやいや…少々無念な空気が漂い始めました。
もう少し上手く端折れなかったんだろうか……。
取り合えず、“15世紀”のクダリは
『魔女狩り』と『異端審問』のコト指してます。

まあ、当時の欧州の“迫害の歴史”ってコトですね。
ホントは“笑い取る話”じゃなくて
結構、やるせないエピなんですよ。コレ。
既に各所でツッコまれてますが、確かにアニメ版は
“顔芸コンテスト”みたいで吹きましたケドw

なんと言うか、先行きの不安は隠せませんが
真っ当に進めば、ブロワ侯爵閣下の出番は
2クール目最初のエピの…恐らく2回目くらいになると
思われます。まあ…ブライアン、コルデリカ、の
例を鑑みて“前倒し”になる可能性も大きいですが。

なんにせよ、次回の“風邪っぴきヴィクさん”には期待してますw
では、コメント失礼致しました!!
by ドューハン (2011-02-26 17:23) 

なるひゃ

入れ違いでコメントしてしまうとはw
2回も同じようなこと言わせちゃってスミマセン。

>既に各所でツッコまれてますが、
>確かにアニメ版は“顔芸コンテスト”みたいで吹きましたケドw

ハーマイニアの狂気っぷりは凄かったですよね!
でも、そればっかり印象に残っちゃって、
結局何を伝えたかったのかが分からなかったという(苦笑)
多少グダグダになってもいいから、
物語のテーマはちゃんと織り込んでほしいですよね。

>ブロワ侯爵閣下の出番は
>2クール目最初のエピの…恐らく2回目くらいになると思われます。

ってことは、あと4、5話は出番なしってことですか…。
どんなキャラなのかは分かりませんが、
私の中では今のところロリコンのイメージしかありません
最悪ですね。失礼極まりないw

なるべく早く登場していただいて、
そのイメージを払拭してもらいたいところです。

では、『まどマギ』の方にも、コメントありがとうございました!
ハミィは…ハミィは撃たないでやってくださいw
by なるひゃ (2011-02-26 21:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 38

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。