So-net無料ブログ作成

最終話 『僕たちのアプリボワゼ』 [STAR DRIVER 輝きのタクト]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

「な、何だこれ…」

観終わった後の第一声が、これですよ。
1回観ただけじゃ、何が起こったのか理解出来ませんでした。
いや、すみません。何回観てもよく分かんないですw
もうね、作画が神懸かっていたことと、熱かったことしか分からない。
とりあえず、今回はブログの画像の容量とか気にせずに、
高画質でお送りします←

05.jpg

ところで宮野君主演の新しいアニメ、『DOG DAYS』が始まりましたね。
色んな所から著作権の問題で訴えられそうな作品だったけど、
果たして大丈夫なんだろうか。
何かコイツ、FFにいたぞ…何かチョ○ボに似てるぞ……。


では、以下レビューです ↓


ついにひが日死の巫女の封印が解かれ、キング・ザメクが復活した。
ケイトはその力でヘッドの野望を打ち砕く事を目論むが、
ヘッドはサイバディ・シンパシーの力を使い、
なんとスガタごとキング・ザメクを乗っ取る事に成功する。
スガタを救出すべく、タウバーンを駆りヘッドに立ち向かうタクト。


01.jpg

「最後の祭りが始まる…!」

シンパシーの能力を使い、ザメクとアプリボワゼするヘッド。
彼は強大な力を手に入れ、タイムトラベラーとして君臨し、
全てをやり直すつもりなんだとか。
そのために人類のリビドー全部奪おうって言うんだから、凄い話ですよね。
こんな壮大な身勝手は見たことないw

タクトは必死に立ち向かいますが、全く歯が立たず…。
彼をかばったワコは、封印を解かれそうになってしまいます。
もう、駄目かもしれない……
そう思った時、手助けしてくれたのは、今まで『敵』だったはずの綺羅星メンバー。

彼らの胸に、それぞれのシルシが輝く!

02.jpg
カナコ様ぁぁぁっ!一生ついていきます!←

「綺羅星!!」

初めて「綺羅星」がカッコイイと思えたw
ザメクの呪縛から逃れた7人は、次々と復活したサイバディ達を倒していきます。
が、結局ザメクの強大な力の前では何も出来ず…(汗)
どんだけ強いんですか。化物ですね。

01.jpg

それにしても、ザメクに向かっていくシーン…何か『虹』みたいだったなぁ。
面白い演出だと思いました。
考えてることも、やることもてんでバラバラな彼らだったけど、
初めて1つになりましたね。
う‐む、熱いぞ!ベタな感じだけどこういうの大好きです!

04.jpg

「まだ、僕には見えている」

そして皆の想いを受け継ぎ、激しい戦闘の末、ついにヘッドを倒すタクト。
安堵したのもつかの間、ここで
スガタがザメクを封印するために乗り込んだことが発覚。
最初から、全てそのつもりだったみたいです。
当然そんな勝手な真似、タクトが許すわけがない。

彼はワコの封印を解き、世界を第5フェーズへと導くと、
宇宙空間に出てザメクとサシで勝負。
ここら辺がよく分かんなかったんですが…
第5フェーズに移行する理由ってあったんでしょうか?
いまだに私、フェーズの仕組み理解してないんですよね(汗)
───まぁ、ワコも自由になれるし、細かい事はいっか←

で、最後はザメクを見事破壊し、スガタを無事救出!

06.jpg

思えば最初から〝最強〟だった彼ですが…
やっぱバトルモノとしてはベタでいいから、主人公の挫折っていうのが欲しかったかも。
流石にワンパターンな展開が連続で続いた時は、
もういいよって思っちゃいましたから(苦笑)

あと、個人的にワコにはスガタかタクト、どちらかを選んでほしかったかな。
まぁ、それだと3人仲良く過ごすってのは出来ないか。
でも、あれだけ引っ張っておきながら、結局決めれませんでしたっていうのもなぁ…。
ちょっとそこは、私的には残念でした。

ともあれ、キャラの心情の描き方は抜群に上手でしたね!
非常に感情移入がしやすかったです。
ヘッドじゃないけど、「若いっていいねぇ」と思わず言いたくなっちゃうアニメでしたw

では、キャスト&スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
そして、TB等送っていただいた皆様に感謝です。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(59) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 2

ドューハン

……サリナさん、出なかった(涙)
こんばんわ、感想記事お疲れ様でした!

しかし正ヒロインの座だけでなく、綺羅星十字団の
リーダーのポジションまで奪ってしまうとは……
恐るべき“カナコ様無双”な、最終回でしたねw

でも、最後の最後まで欲望に忠実だったヘッドの生き様も
個人的には、飾りも奇麗事もなくて好きでした。
まあ…またしても、息子にブッ飛ばされちゃいましたけどw
それでも、善くも悪しくも“ブレなかった”のは好印象だったかも。

>第5フェーズに移行する理由ってあったんでしょうか?

これは、当方も良く判んないんですが……
こうしないと、“封印しようとしてるスガタくん”の行動に
強制介入出来なかったとか…そういうコトなんですかねぇ。
仰る通り、もう少し説明は欲しかった気もしますw

――それと、なんか最終回を観てふと思ったんですが
今まで“メカデザ的に”上手く騙されて来てた感じで
もしかすると、この作品は“スーパーロボット系”の系譜だったのかも
しれませんねぇ…主人公が、絶対負けちゃいけない辺りww

最後に半壊したタウバーンを見て、そんなコト感じました。
子供の頃に観たマジンガーZも、最終回で初めて大破しましたしw
なんにせよ、熱くて“スタドラらしい”最終回でしたよね!

でわ、重ねて感想記事お疲れ様でした!
そろそろ、今期の新番も始まって来てますね。
また、TB等でお世話になると思います。
その際は、どうぞよろしくお願い致しますね!
コメント失礼致しました~
by ドューハン (2011-04-04 19:53) 

なるひゃ

こんばんは~
エントロ組は、完全に放置されちゃいましたね(苦笑)
結局あの2人は何だったのか…。
もうちょっと触れてくれても、良かったのになぁ。

>恐るべき“カナコ様無双”な、最終回でしたねw

何かカナコって、明らかに他のキャラより優遇されてますよね。
絶対スタッフさん達に好かれてると思うんだ。
回を重ねるごとに、どんどん男前になっていきましたし。
それに引き換えヘッドは…最後までヘッドでしたw
まぁ、私もドューハンさん同様、そこが彼の良い所だと思いますけど。
3回も息子にボコされたのに、
全く悪びれた様子がないっていうのは、ある意味凄いです。

>もしかすると、この作品は“スーパーロボット系”の系譜だったのかも
>しれませんねぇ…主人公が、絶対負けちゃいけない辺りww

そうですね、ガンダムやマクロスとは全然違いますね。
榎戸監督も、鉄腕アトムみたいな古き良きアニメのキラキラ感を
出したかったって言ってますし、
多分ドューハンさんのおっしゃる通りなんじゃないかと。
監督も、もしかしたらマジンガーZとか観てたかもしれませんね。
そのうち、『スパロボ大戦』とかにタウバーンが登場するかもw

では、労いの言葉&コメント感謝です!
ふつつか者ですが、こちらこそよろしくお願いします。
by なるひゃ (2011-04-04 21:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 59

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。