So-net無料ブログ作成

第14話 『意地悪フリルは屁こきいもりを糾弾する』 [GOSICK]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

駄目だ…何か久城のこと嫌いになりそう……

あれ‐?おっかしいなぁ。
こんなにウザイ子でしたっけ、久城って(苦笑)
この前の日常回は、なかなか面白かったんですけどね。
一緒にいる時間も結構長いんだし、
もうちょっと彼女のこと分かってあげてもいいのになぁ…と思ったり。
まぁ、確かに、今回の件はヴィクトリカも悪かったんですけどね。
でも、少しくらいわけを聞いてあげなよ!

あと、グレさんは砂糖水使うのやめろぉぉぉぉっ!


では、以下レビューです ↓


01.jpg

「まるで、神様のために作られたお人形みたい…!」

ついに、ヴィクトリカとアブリルが接触!

お互い印象は…最悪なものになりましたね。
まぁ、ヴィクトリカを、妖怪だの何だの言ったアブリルも悪いし、
机を投げちゃったヴィクトリカも悪い。
どっちもどっこいです。
自分の非を認め、謝ったアブリルは偉いですね。
恋敵に、頭はなかなか下げられませんよw
ヴィクトリカも、ちゃんと謝れるようになればいいんですが…。
それが出来るようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。

01.jpg

さて、今回全ての謎が解き明かされるのかと思いきや、
なんと解決編は次回に持ち越しとな…。
色々とヒントは出てきてるんですが、なかなか事件の全容は見えてきませんね。

・リヴァイアサンが死んだ頃から、時計塔で殺人事件が頻発
・被害者は全員部外者で、指から入った毒が原因で死んでいる
・学園は、かつて王室の武器庫として使用されていた
・公には出来ない実験や人物を、隠してきた場所でもあるらしい
・学園の近くの村にある、500年前に合同で葬られたプロテスタント達の墓
・村の周辺にの建物には、プロテスタントの為の隠し部屋が多く存在する
・見えない、足のある幽霊
・子供達が歌っていた、アフリカ人の歌

今回の話で出てきた重要ポイントは、こんなもんでしょうか。

う‐む、リヴァイアサンってアフリカの人なのかな…?
それなら、仮面を外そうとしなかった理由も頷けますし。
歌の中に出てきた『金と黒い肌』っていうのは、
恐らく金を掘るために、奴隷として連れてこられたアフリカ人のことかと。
そして、流行り病っていうのは、黒死病…っぽいような気がする。
記憶が曖昧だなぁ。
もう1回、しっかり世界史勉強しなおしてきます←

01.jpg

「俺に何か用か、少年?」

とりあえず、お前は早く教科書返してやれ!
「何か用か?」じゃないでしょ、もうw
完全に久城の教科書とったこと、忘れてますよね。

まぁ、大川さんカッコイイし許すけどさ…←

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(25) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。