So-net無料ブログ作成
検索選択

第17話 『螺旋の迷宮にその箱はねむる』 [GOSICK]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

おかしいな。一弥が何かカッコイイぞ…!←

ウザいとか言ってごめんなさい。
いや‐、見直しました。やれば物凄く出来る子だったんですね!
これなら、アブリルが惚れる理由も分かりますw
あの花のゆきあつといい、ここにきてまさかの株急上昇とは…。
岡田さん、恐ろしい子!


では、以下レビューです ↓


01.jpg

婆ちゃんの緊縛プレイは、ちょっと遠慮したい。

ということで、やっぱりサイモンは死んじゃいましたね。
口ぶりからして、どうも科学アカデミーの人間のようですが…。
目的は一体何だったんでしょうか。
というか、形見箱(?)って何ぞ?
片目が前髪で隠れてる女の子との関係も、気になりますね。
未だに台詞がないので、次回は喋ってくれるといいなぁ。

「またな、出来そこないの子狼」

う‐む、ブライアン・ロスコーの行動も気になるところ。
昔は、科学アカデミーに協力していたというロスコー。
前回登場した巨大なマリア像は、彼が幻投機で作り出した物だったんですか。
何かもっと凄いトリックを使ったのかと思いきや、意外に地味だったw
そんなもので、飛行機って墜落するもんですかね?
まぁ、そこはこれ以上突っ込みませんけど…。
そういえば、灰色狼の村に電気を引いた理由って、結局何だったの?
それと、何でこの人も歳とってないんだろ。
灰色狼は、老化の速度が遅いんでしょうか……謎です(苦笑)

01.jpg

「東洋の黒き死神よ、
君は今宵、何者を連れ去りにこの地を訪れたのかね?」

そして、満を持しての黒幕登場!

まさか、あの老人がブロワ侯爵だとは思いませんでした。
なるほど。「娘に会いに来た」っていうのは、ホントだったんですねw
何か物凄く強そう…取り巻きの婆ちゃん達が←
あれは間違いなく出来る!
あの身のこなしは、ただ者じゃないと思うんだ。
ヤバイぞ、一弥。
ブロワ侯爵と対決するためには、まず婆ちゃん達を倒さないと(黙

01.jpg

「生きる意味なんて、後でゆっくり考えればいい。
一緒に学園に帰ろう。
そのために、僕はここへ───────」

まぁ、アホな話は置いといて…今回の一弥は輝いてました。
ヴィクトリカをお姫様だっこして、汽車を追いかけるシーンが良かったですね~。
今までのび太状態だったのが、嘘みたいです。
これで惚れるなと言う方が、難しいw
小さいけれど、ちゃんとナイトの役目を果たしてますね。

「どうか守ってくれたまえよ、これからも」

自分の気持ちに素直になれたヴィクトリカも、
思わずニヤニヤしちゃうくらい可愛かったです。
この『友達』とも『恋人』ともつかぬ、ヴィクトリカと一弥の微妙な関係が、
もどかしいけど、心地いいですね。

01.jpg

「母は変わらず、小さな娘を愛している
お前が泣かずとも、こうして必ず駆けつける」

でも、男前度で言ったらコルデリアのほうが上かなぁ!←

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(25) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。