So-net無料ブログ作成
検索選択

第18話 『漆黒の列車は、いくつもの嘘を運ぶ』 [GOSICK]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

「お似合いだと?
私に給仕しろとでも?偉くなったものだな」

ウヒャ────────ヽ(´∀`*)ノ ────────ッ!!!!

こ、これは何という破壊力…!
いやはや、今回も可愛いヴィクトリカをありがとうございましたw
ツンが多めなところが、また良いですなぁ。
だけど、ごめん。私的に、物語の方はちょっと微妙っだったと思うよ……。
今回は、若干腑に落ちない展開でした(苦笑)


では、以下レビューです ↓


01.jpg

「大丈夫、君なら必ず出来る。
この嵐を乗り切って、2人はまた帰るんだ。
僕らの聖マルグリット学園に」

そんなわけで、初めての共同作業が無事終了!(違

一弥達と同じ列車に乗っていた女の子…『孤児』が、
形見箱を盗み出した犯人だったんですね。
自分の誕生日も知らず、
ずっと科学アカデミーのスパイとして生きてきた(っぽい)彼女。
結構気に入ってた子なんですけど、色々と残念だったなぁ。
最期の「お母さん」という呟きは、ちょっぴり切なかったですけど。

でも、どうも感情移入しにくい……
妹を助けるためにオカルト省に入った、『木こり』に関しても同じことが言えますね。
元々貴族であった彼が、その地位を捨ててまで妹を助けようとするのは、
確かに「凄いなぁ」と素直に思いますが、
それで平気で人を殺すっていうのが、どうにも解せん。
目的のためには手段を選ばないって考え方が、悪いとは言いませんが、
その事実を知った妹が、果たして彼のことをどう思うのか……
なんていうのは、考えちゃダメなんでしょうね(苦笑)

01.jpg

そして、キーアイテムである形見箱。
中に入ってたのは、科学アカデミーの主催者であるジュピターの品でした。
ここで、灰色狼の村の話に繋がってくるんですね。
ロスコーが電気を引いたのは、これを探すためだったということでいいのかな?
で、コルデリアの写真が置いてあったのは、
ヴィクトリカがこの謎に辿りつくことを見越していたから…。

ただ、これが何で切り札になるのか分かりません。
一体どういう風に利用するんでしょ?
ブロワ侯爵が見つける前に、処分しない理由は何なんだろうなぁ。

01.jpg

とりあえず、この顔は反則だと思います…!←

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(25) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 2

ドューハン

紛らわしい書き方して申し訳ないです!
原作では“分岐器”が、正解で御座います。
アニメでは、しっかり“爆破装置”撃っちゃってましたww

しかし…どうやら、居直って“既読者”対象にして来てるような感じですね。
既に前半戦で漏らした説明を、フォローする気配すらなくなりました。
未読の方だと、もはやワケが判らなくなって来てるのでは……。
それに“原作至上主義”の方々にも、面白くないハナシかもしれませんね。
当方は、色んな意味で結構楽しめてる次第ではありますがw

>妹を助けるためにオカルト省に入った、『木こり』に関しても
>同じことが言えますね。
>元々貴族であった彼が、その地位を捨ててまで妹を助けようとするのは、
>確かに「凄いなぁ」と素直に思いますが、
>それで平気で人を殺すっていうのが、どうにも解せん。

これも、思いっきり基本設定ブッチぎっちゃってますが
実は彼の両親亡くなってます。孤児だった兄妹を、ブロワ侯爵が
“養父”という形で育てたらしいですね。…その上で、妹人質にして
『形見箱取って来い』と。“人殺し”に関しては、良心の呵責こそあるものの
なにぶんにも、『第一次世界大戦』が終わった6年後の話ですし
彼に限らず、少々感覚が麻痺したままのようです。

まあ…そういう“一切合財のバックボーン”を全部すっ飛ばして
アニメは、『風光明媚な美しいヨーロッパ』を描いちゃってる
ワケでして…やはり、“設定補完”が出来ないと視聴自体が難しいのかも。
もう、“それなりに楽しむ”方向で行くしかないのかもしれません(爆)
でわでわ、コメント失礼致しました~
by ドューハン (2011-05-21 20:14) 

なるひゃ

こんばんは~

ああ…やっぱ爆弾でしたか、アレ……。
きっと何か上手い具合に、
爆弾本体には銃弾が当たらなかったんだ。
うん、そういうことにしておきますw
これに関しては、突っ込みする気も起こりません(苦笑)

>未読の方だと、もはやワケが判らなくなって来てるのでは……。
>それに“原作至上主義”の方々にも、
>面白くないハナシかもしれませんね。

そうですね…。
正直私も、科学アカデミーとオカルト省が
何なのかよく分かってません(汗)
詳しい説明や描写がないまま、
知らない間に諜報戦が始まっちゃったりしてるので、
原作未読者は、完全に置いてけぼり状態かとw

>これも、思いっきり基本設定ブッチぎっちゃってますが
>実は彼の両親亡くなってます。
>孤児だった兄妹を、ブロワ侯爵が“養父”という形で育てたらしいですね。
>…その上で、妹人質にして『形見箱取って来い』と。

これまた、思い切った改変だなぁ!
確かに原作の通りにやってほしい人からすれば、
これは気に食わないかもしれませんね。
う‐ん、私的にもその展開が良かったけど、
尺の問題とかもあるし、仕方ないかな。
でも、ドューハンさんが記事の方でおっしゃってたように、
余分な部分をカット」した判断は、悪くなかった思います。
この際、ミステリー成分はない方が良さそうですもんね…。

>“人殺し”に関しては、良心の呵責こそあるものの
>なにぶんにも、『第一次世界大戦』が終わった6年後の話ですし
>彼に限らず、少々感覚が麻痺したままのようです。

時々、時代設定を忘れそうになるので困りますw
そっか…そうだよなぁ。
ソヴュールは、戦争に『勝った国』ですもんね。
少なからず、人の死を蔑ろにしちゃってる部分もあるか……。
木こりに関しては、ちょっと納得です。

まぁ、何か前にも言ったような気がしますが、
もう開き直って観なきゃ駄目ですね。
アニメはアニメ。原作は原作。
ここまで来たんだから、楽しまなきゃいけませんよね!
次回は久し振りにグレさんが登場するみたいだし、期待しておきます。
by なるひゃ (2011-05-21 21:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。