So-net無料ブログ作成
検索選択

第19話 『薔薇色の人生は新雪に埋もれる』 [GOSICK]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

ブライアン……カッコよすぎだろ!←

前回の感想では、愚痴ばかり並べてしまいましたが、
今回は文句なしに面白かったです。
早く続きが観たいなぁ~。
やっぱり、ミステリーパートがない方が良いかも…。
まぁ、それを言っちゃあ、お終いですが(苦笑)


では、以下レビューです ↓


01.jpg

「薔薇色の人生。
それが青い薔薇なら、話も変わるだろうな」

いやはや、のっけから衝撃的なシーンで始まりましたね(汗)
沢城さんの演技がこれまた素晴らしくて…ちとキツかった。
ブロワ侯爵によって、無理やり子を孕まされてしまったコルデリア。
出産した後は、用済みと言ったところでしょうか。
精神病院に閉じ込められ、ヴィクトリカと引き離されてしまいます。
侯爵の部下が、同情して写真をよこしてくれましたけど、
「それなら、最初から助けろよ!」と思わず言いたくなりますね。
まぁ、しゃーないっちゃ、しゃーないんですけど……。

ちなみに、その病院には2話で登場したジュリィもいました。
なるほど。こうやって、ちょこちょこ色んな人が関わってきてるんですね。
何かこの人も、どっかで見たことあるんだよなぁ。誰だっけ?

01.jpg

今回は店屋として登場したけど、
確か前に出てた時は、全然違う仕事をしてたような…。
駄目だ。全ッ然思い出せそうにないw
いや、そもそも出てないって可能性もあるんですけどね。
我ながら、何て適当な記憶力なんだろう。

01.jpg

「私の、娘──────」

回想シーンでちょこっとだけ出てきましたが、
ブライアンって昔は爽やか好青年だったんですかw
今と随分印象が違ったので、ちょっと笑ってしまいました。
彼のコルデリアへの愛は、大したもんですね。
それ故に、ヴィクトリカに対する気持ちは複雑なわけですが…。
いつの日か、『親子』として仲良くなれる日が来るとといいなぁ。

コルデリアの、今も変わらぬヴィクトリカへの愛情も凄いですよね。
その気持ちが、ちゃんと彼女に届いてるっていうのが、また何とも切ない…。
ずっと思い合っているのにも関わらず、会えないのが本当にもどかしいです。
くっそ~!おのれ、ブロワ侯爵め!
初めて見た時は、「この渋いおっさん、結構好みかも」とか思ってたけど、
今はそんなこと、微塵も思ってないから!
思ってないんだからね!←

01.jpg

そんなわけで、今回はセシル先生とゾフィが、良い清涼剤になってくれました。
チケット貰った途端、コロッと態度を買えちゃうところが良い。
う‐ん、でも、ジュピターと一緒にいたあの男性──────まさか国王?
科学アカデミーのトップと国王が、何で一緒にいるの?
気になりますなぁ……。
まぁ、推理しても恥かくだけなので、真相は次回まで待ちますけどw

01.jpg

「久城、私はそれでも信じたい。
2人が離れる時は、今ではないと」

とりあえず、一弥は今すぐダッシュ!!

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(31) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 2

ドューハン

こんばんわ、先日は祝いのお言葉有難う御座いました!

いや、しかし…パパベール侯爵の鬼畜外道っぷりは
原作すら凌ぐ勢いで、少々ビックリしていますww
案外“鬱展開好き”の桜庭先生も、喜ばれているかも
しれませんね。岡田さんのドロドロ好きも有名なようですがw

今回の全面組み換えも、お見事な感じでした。
今エピソードの伏線は、『今までのエピ総て』みたいな感じです。
ジュリィの登場は、そのサインみたいなモノですね。

>科学アカデミーのトップと国王が、何で一緒にいるの?

いつもながら、素晴しい着目で御座いますw
まあ…真相はお察しの通りだろうかと思いますが
その事実を知るコトで、“2組のカップルに齎される運命”を
どうぞ、お楽しみにして下さいませ!…いや、“3組の”かな?

でわでわ、コメント失礼致しました~
by ドューハン (2011-05-28 20:41) 

なるひゃ

こんばんは!
いえいえ、わざわざお礼なんていいですよw
密かに、「誕生日なくならないかなぁ」と
考えてるような人間ですので←

>いや、しかし…パパベール侯爵の鬼畜外道っぷりは
>原作すら凌ぐ勢いで、少々ビックリしていますww
>案外“鬱展開好き”の桜庭先生も、喜ばれているかも
>しれませんね。岡田さんのドロドロ好きも有名なようですがw

そんなにパワーアップしてたんですか…。
何か監督さんと演出さんも、変な所に力を入れますねw
しかも、今回の脚本は岡田さんとな…。
なるほど。どうりであんなにキツかったのか←
アルベールには是非一度、一弥君から
上条さんばりの鉄拳制裁を受けてもらいたいところです(苦笑)

>今回の全面組み換えも、お見事な感じでした。
>今エピソードの伏線は、『今までのエピ総て』みたいな感じです。
>ジュリィの登場は、そのサインみたいなモノですね。

他にも、色々と手が加えられていたんですね。
原作未読者からすれば、
なかなか分かりやすい展開になっていて、親切だったと思います。

>いつもながら、素晴しい着目で御座いますw
>まあ…真相はお察しの通りだろうかと思いますが
>その事実を知るコトで、“2組のカップルに齎される運命”を
>どうぞ、お楽しみにして下さいませ!…いや、“3組の”かな?

もう、ジュピターと一緒にいた男性が国王だってことは、
大半の方が気付いてるんじゃないでしょうかw
しかし、『3組』とな…?
これまた気になる事をおっしゃる…。
う‐ん、そんなにカップルいっぱいいましたっけ?
気になるなぁ~。

ではでは、一弥とヴィクトリカは、これから一体どうなってしまうのか。
次回も楽しみにさせていただきます!
by なるひゃ (2011-05-28 23:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 31

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。