So-net無料ブログ作成
検索選択

第22話 『クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る』 [GOSICK]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

ちょっとした息抜き回かなんかだと思ったら、全然違いました。
うわ‐…何これ。何でこんなに切ないの(汗)
『あの花』といい、『いろは』といい、岡田さん絶好調ですなぁw
残り2話…果たしてどんな結末を迎えるんでしょうか。
どうか、ハッピーエンドでありますように…。


では、以下レビューです ↓


01.jpg

「あたしだって金髪なのに、
どうしてあたしがそっちで呼ばれないんだろう」

数々の事件、そして今回のクリスマスパーティーを経て、
お互いの気持ちを確かめ合った一弥とヴィクトリカ。
微笑み合う2人の姿に は、思わずニヤニヤさせられましたが、
アブリルの報われなさっぷりには、泣きそうになりました。

同じ金髪なのに、同じ妖精の衣装を着ていてるのに、
彼が見ているのは、いつだってヴィクトリカだけ。
どうやったって、一弥が自分に振り向いてくれることはない。
何があったって、2人の間に入ることなんて出来ない。
ホント、損な役回りだよなぁ…。
彼女にも、是非幸せになってもらいたいです。

01.jpg

「兎は、モンストル・シャルマンの心臓。
兎が死ねば、怪物も死ぬ───」

さて、いよいよ本格的になってきた戦争の気配。
ソヴュールに滞在している、異国の商人や留学生が祖国に帰されたり、
地下組織の人間が街で暴動を起こしたりなど、
どんどん緊張が高まってきましたね。

一弥もヴィクトリカと離れないために色々努力しましたが、
思いっ切り足手まといになってますw
う‐ん、欲をいえばもっとカッコイイとこを見せてほしいところだけど、
まだ子供だし仕方ないか(苦笑)
でも、こんな状況でも、グレヴィールのことを信じてくれのは評価します。
まぁ、「何も考えてなかった」ってだけかもしれないけど…←

どんな時も人を疑わず、信じることが出来るのは、彼の良い所ですね。
イライラするけど、そこは我慢ってことでw

01.jpg

いや‐、それにしても悠木さんの泣きの演技が素晴らしかった!
ヴィクトリカの苦しみが、痛いほど伝わってきました。
自分のせいで、大切な人が傷付く姿を見なきゃいけないなんて、
ヴィクトリカも切ないですね…。
そんな彼女の姿を見て、グレヴュールは何を思うのか。
出来れば、彼にも何らかのアクションを起こしてもらいたいところです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(29) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 29

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。