So-net無料ブログ作成
検索選択

第11話 『深海の悪魔』 [青の祓魔師]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

今回の脚本は、大西信介さん!
私が今まで面白いと感じた回の脚本は、全部この方が担当されてました…。

DTBの時もそうでしたが、多分岡村監督との相性が良いんでしょうね。
随所にネタを挟みつつ、重要な所はきっちり…きっちり……
押さえてくれてるような、そうでもないようなw
まぁ、今回は息抜き回ということもあってか、
正直「下らない」と思ってしまったシーンも多かったですが、
私は存分に楽しむことが出来ました。
今後の展開を考えても、出雲と志摩を燐と一緒に行動させたのは、
良い判断だったんじゃないかと思います。

01.jpg

下曽…ゲソ……無駄に凝ってる(苦笑)


では、以下レビューです ↓


01.jpg

「海が大好きやー!」

ああ、そうですか…水着要員は出雲だけですか……。
まぁ、この作品で露骨に水着の描写をされても、
正直あんまり嬉しくないので、別に構わないんですけどね。
安易に萌えに走らなかったところは、好感が持てます
っていうか、時間帯も時間帯だしw

さて、そんなわけで、任務のため海にやってきた燐達。
今回は、半年前にクラーケンを追いかけたまま、
行方が分からなくなってしまった父を持つ少年、洋介と出雲のお話です。

「お前、可愛いな」

方向音痴だけど、豪気な性格の洋介。
初対面なのにも関わらず、女の子にサラッとこんな台詞を吐いちゃうだなんてw
思いっ切り胸揉まれたり、人口呼吸されそうになりましたが、
流石の出雲も、これにはデレざるをえませんね。
そして何より彼の持つ、愚直とも言えるほどの真っすぐさ。
彼の「一度心に決めたら迷うな」という言葉が、彼女の胸に突き刺さります。

01.jpg

「あんなにでっかい耳、付いてんじゃん!」

……で、このままハートフルな展開になっていくのかと思いきや、全然違ったw

さぁ、これはどこから突っ込めばいいんでしょうね(苦笑)
洋平にクラーケンが見えていたのもおかしいし、
彼の父親が半年も海を漂流していたっていうのも、あり得ない話だけど…。
突っ込んだら負だと思います。
ギャグに逐一突っ込みを入れるなんて、ナンセンスですよね。
心をクラーケンのように…イカのように柔らかくして見なきゃw

とはいえ、流石に過去の自分の意見をなかったことにして、
「決めたことを変えるのも勇気!」って言った時には、流石にイラッとしましたが。
ここまで都合良く、ポジティブに生きれるっていうのも羨ましい話です。

01.jpg

「可愛いだろ、この眉!」

それにしても、可愛いってそういうことかい!
ホント、親子揃ってはた迷惑な人達ですね(苦笑)
まぁ、でも出雲は何だか嬉しそうな顔してたし、細かいことはもういいや。
ちと物足りませんでしたが、志摩@遊佐さんも楽しめましたし、
何やかんやで面白かったです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(25) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。