So-net無料ブログ作成

第4話 『なげけとて』 [BLOOD‐C]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。

01.jpg
モコナだ!モコナがおる!

声優初!そして、女性ソロアーティストとしては8人目!
水樹さん、東京ドーム公演決定おめでとうございます~。
いや‐、凄いですね。紅白出るって聞いた時も驚きましたが、
まさかそれ以上の驚きが待っていようとは。
そう考えると、小夜の鼻歌も何だか良いものに思えてきたような……
すいません、やっぱそれとこれでは話が別でしたw
4話連続鼻歌って…突っ込む気も失せますね(苦笑)


では、以下レビューです ↓


01.jpg

う‐ん、今回も話が進展したような、してないような微妙な感じ…
少しずつ謎は明らかになってきてるんですが、
話の流れが、『日常→戦闘』に固定されちゃってるので、
ちょいとばかし残念なことになっちゃってますね。
個人的には、ナレーションも毎回挟まなくてもいいんじゃないかと思ったり。
あんまりやりすぎると、インパクトに欠けるような…。
徐々に不気味な雰囲気も増してきて、面白くなってきたな気がするので、
早くこのマンネリ化を何とかしてほしいです。
意図的にやってるんでしょうけど、流石に飽きましたよ(汗)

ギモーヴも何回出せば、気が済むんでしょうね。
そんなに怪しさアピールしなくても、いいですってば。
1回、ないしは2回で十分ですよ…。

01.jpg

まぁ、愚痴を言っても何も始まらないので、
とりあえず今回は、現時点で推測出来ることをまとめてみました。

・小夜は古きものor古きものの血が流れている
・村は小夜のために作られた実験場
・文人、唯芳、先生は監視員
・全てではないが、村人(というか研究員?)も実験に協力している
・子犬の姿は小夜にしか見えない
・っていうか、子犬の正体って慎一郎だよね
・昔(?)の小夜はみつあみセーラー

ざっと、こんなもんですかねぇ。
推測じゃないのも混じってますけど、気にしないで下さいw
前回はパン屋を見殺しにした小夜でしたが、
今回は村人を助けようと頑張っていたりと、大きな心境の変化が見られましたね。
一体どうなってるんでしょうか。いくらなんでも、おかしいと思うんですが…。
赤目モード時の記憶がなかったことと、何か関係があるのかな?
二重人格とか、そんなんでしょうか。
ちらりと映った血まみれの電車も意味深でしたし、併せて気になります。

03.jpg

「シュジキメンよ───我らは我らのために喰らう。
邪魔立てするのであれば、主を喰らうまで」

ゲームとか出てきそうなデザインの古きものが現われたかと思ったら、
何か流暢に喋り出したぞ!(汗)
しかも、意味深なことばっかり言ってるし…。
『シュジキメン』って何なのよ?約定ってなんのことさ?
駄目だ‐、こりゃお手上げですねw

っていうか、古きものが何なのかすら分からない。
地蔵とか電車みたいな無機物系だったり、植物だったり……。
どうしてこんなに、バリエーションに富んでるんですか。
何でもいいので、もうちょっとヒントくれませんかね(苦笑)
次回は、皆で怪談やるみたいですけど、大丈夫なのかな。もう、5話目ですよ…?
相変わらず、『劇場版商法』の不安が拭えませんね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(19) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 19

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。