So-net無料ブログ作成
検索選択

第22話 『存在了解のメルト』 [Steins;Gate]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

末永く爆発しろぉぉぉぉぉぉぉっ!!

もう、ニヤニヤが止まりませんねw
あの最後の演出は、本当に見事でした!
まさかシュタゲでこんな胸熱な展開が観られるとは…。
おかげであんまり寝れなかったんですが、どうしてくれるんですか(黙
こりゃあ、最終回がますます楽しみです。
……ところで、私のルカ子(違)はもう出てこないんでしょうか?
何かこの感じだと、最終回まで会えそうにないですね(苦笑)


では、以下レビューです ↓


01.jpg

「冷静に〝やり直せばいい〟ってどこかで思ってた」

幾度となく見てきた、まゆしぃの死。
いつしか事務的に行われるようになっていた、過去改変作業。
まぁ、壊れなきゃ、『まともな状態』でいられるはずがないですよね。
嫌な言い方になってしまいますが、
いちいち彼女の死を悼んでいたら、前には進めませんし……
う‐ん、ここら辺はかなり難しい問題ですね(苦笑)

何だかこれって〝ゲームをプレイしてる時の感覚〟に凄く似てる気がします。
失敗した。じゃあ、もう1回やり直そう。
あ、死んじゃった。仕方ない、またここから始めるか。
感覚が麻痺して、いつの間にかやり直せることが当たり前になってしまうんですよね。
というか、このシュタゲという作品自体が、元々ゲームなわけですし。
実際、原作の方でもこういう台詞は出てきたのかな?
もし出てきたら、ちょっとギクッとするだろうなぁ。
ゲ―ムというメディアそのものを、利用するとは…つくづく良く出来た作品です。

何にせよ、本当に紅莉栖がいて良かった。
オカリンがここまで来られたのも、一重に彼女のおかげです。
私も紅莉栖がいなかったら、多分ここまで来れなかったと思いますw

01.jpg

「絶対に忘れたくないから、念には念を入れる」

────いや、でも、お前らイチャイチャしすぎだぞ!
もう、ニヤニヤしすぎて顔が痛いです。ついでに、壁殴りすぎて手が痛いです。
見て下さいよ、このイチャコラっぷり。見て下さいよ、この紅莉栖の台詞。

「べ、別にしたくてしたわけじゃないから!
ただ、ファーストキスのような強烈な行為と共に、
海馬に記憶されたエピソードは、忘却されにくいのよ!」

どこまでツンデレ貫きゃ気が済むんだ。ちくしょう、幸せになれ!
いや、なって下さい。お願いします!
せっかく想いが通じ合ったのに、紅莉栖ENDじゃないなんて…そりゃないぜ。
オカリンの勝利宣言が、あまりにも切なくて辛かった(汗)
この2人には、何としてでも幸せになってもらいたいですね。
ところで、オカリンのファーストキスの相手って…萌郁のことでしょうか。
あの時のキスは、ロマンチックのロの字もありませんでしたが、
それをここで言っちゃうのが、何ともオカリンらしいw

01.jpg

「お願い、私の言うことを信じて。
第3次世界大戦を防ぐために!」

しっかし、あの特殊(?)EDには本当にやられたなぁ…

「え、今回これで終わりなの?」と思ったら、突然かかってきた鈴羽のからの電話。
第3次世界大戦を防いでくれって……
タイムマシンがある限り、戦争は回避できないってことなのかな。
紅莉栖無しでよく完成出来たな。β世界線でも、ダルが作ったんでしょうか?
確かこっちのタイムマシンは、未来と過去の行き来が可能なんですよね。
なるほど。これで1話に繋がるわけだ。
う‐む、そうなると、紅莉栖を殺したのって中鉢博士っぽいかも(汗)
元々タイターの理論パクってた人ですし、
もう学者としてどころか、人としてのモラルも欠けてそうな気がしますね。

* = * = * = * = * = * 

bandicam 2011-08-31 17-55-17-446.jpg

最後に一言……

あの謎のノイズメールを送ってきたのってオカリンだよね。

何でもっと早く気付けなかったんだ!メアドが答えじゃん!w

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(50) 
共通テーマ:アニメ

nice! 2

コメント 6

通りすがり

シュタインズゲート - エル・プサイ・コングルゥ
by 通りすがり (2011-09-01 04:57) 

木

原作プレイしましたが、なるひゃさんの言うとおり、まゆりのためにタイムリープを繰り返すオカリンと、トゥルールートを探してセーブ・ロードを繰り返す自分がシンクロしていて不思議な感覚でした。

あと原作ではダルが世界線解釈をギャルゲーのストーリー分岐にたとえていました。笑

by 木 (2011-09-01 06:35) 

なるひゃ

>>通りすがりさんへ

コメントありがとうございます。
ん……?ああ、メールのアドレスですね!
最初何のことか分からなくて、ポカーンとしてしまいましたw
よろしければ、またお暇な時にでも、覗きにやって来て下さいね~。
by なるひゃ (2011-09-01 15:57) 

なるひゃ

>>木さんへ

>原作プレイしましたが、なるひゃさんの言うとおり、
>まゆりのためにタイムリープを繰り返すオカリンと、
>トゥルールートを探してセーブ・ロードを繰り返す自分が
>シンクロしていて不思議な感覚でした。

う‐ん、やっぱりそうなっちゃいますよね(苦笑)
残念ながら私は未プレイなんですが、
アニメだけでも十分オカリンの気持ちが理解出来ました。
慣れ……って言うんでしょうか。
何度かまゆしぃの死を見てる内に、
いつの間にかあまりショックを受けなくなっちゃってるんですよね。

まゆしぃを助けたいのに、見殺しにしなければならないという矛盾。
これが本当にもどかしくて、
シナリオを考えた方に金一封を送りたい気分になりますw

>あと原作ではダルが世界線解釈を
>ギャルゲーのストーリー分岐にたとえていました。笑

ギャルゲって…うん、ダルらしいですねw
アニメでもそのシーンを見てみたいけど、流石にそれは無理かな?
まぁ、アニメが終わったら、原作の方をプレイしようと思ってるので、
それまでのお楽しみとさせていただきます。

ではでは、コメントありがとうございました!
by なるひゃ (2011-09-01 16:26) 

ピッコロ

こんばんは、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。いつもお世話になっております。記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。


お忙しい中、当ブログのアニメ評価企画に参加して頂き本当にありがとうございました。アニメ評価企画12の最終結果は、現在当ブログにて現在掲載中でございます。よろしければご覧になって下さいませ。

評価企画12の最終集計結果↓
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5322.html

そして、今回も「今期終了アニメ(6月終了アニメ)を評価してみないかい?13」と題しまして、新たに評価企画を立ち上げましたので参加のお誘いに参りました。また、この企画に賛同して頂けるのであれば、参加して下さいませ。

なお、投票方法等についての詳しい事は以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5324.html


なお、今回も企画の発動が大変遅くなり申し訳ございません。最終的な締め切りは9月30日までになっておりますのでよろしくお願いいたします。
by ピッコロ (2011-09-01 22:57) 

なるひゃ

返事が遅くなってしまって、すみません。

企画へのお誘い、ありがとうごさいます!
今回も、是非参加させていただきますね~。
by なるひゃ (2011-09-02 18:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 50

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。