So-net無料ブログ作成
検索選択

第24話 『終わりと始まりのプロローグ』 [Steins;Gate]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

スタッフ&キャストの皆さん、お疲れ様でした!!
この半年間、本当に楽しかったです。
終わってしまったのが凄く寂……え?映画化?

ど、どういうことだってばよ…。
今度は紅莉栖目線の物語でも作るんでしょうか?
それとも、まさかの『だーりん』?w
うーむ、気になる。気になる。はてさて、どんなストーリーになるのやら。
楽しみですね。とりあえず私は、原作買ってきまーす!


では、以下レビューです ↓


01.jpg

「じゃあ、絶対助けなきゃ。何があっても」

ついに実行に移された、オペレーション・スクルド。
ふむ…なるほど!ここで、あのサイリウムセーバーが出てくるのか。
先端に血糊が仕掛けられてるって、無駄に凝ってますねw
これを使って紅莉栖を死んだように見せかけ、中鉢を追っ払えば任務完了。
ちと面倒ですが、作戦の内容はいたって単純です。

キーアイテムだった割に、メタルう~ぱの回収も簡単でしたね。
やっぱりあれは、〝7月28日にラジ館にやって来たオカリン〟が回したから、
出てきた物だったんだなぁ。
最後の最後で、ようやくまともに考察が当たりました。
相変わらず、ネタの仕込み方が上手い!
少しでいいから、このシナリオ考えた方の脳みそを分けてもらいたいもんですw


01.jpg

「混沌を望み、世界の支配構造を破壊する者。
そして、お前の野望を打ち砕く者。
─────聞きたいか?我が名は鳳凰院凶真!!」

スタイリッシュすぎてお茶吹きそうになったw
でもカッコいい!超カッコいい!

何という厨二っぷり…色々と吹っ切れてますね。
まったく頼もしいかぎりです──────が、今回は流石に無茶しすぎ。
血糊が固まって使えなくなったからって、
なにも中鉢のナイフを受け止めた後、傷口に指突っ込んで大出血させなくても(苦笑)
まぁ、そうでもしなければ、過去の自分なんて騙せないわけですが……
見てるこっちの方が痛い。お腹痛いよ(汗)
この時点でのオカリンの死は確定されていないため、
〝何やっても彼は死なない〟っていうのは分かっていましたが、
それでもかなりヒヤヒヤさせられました。
叫び声がもうね…。本当に、宮野さんが素晴らしかった。
正直ここのシーンは、絵が宮野さんの演技に追いつけてなかったと思います。

あ、でも、中鉢の作画は凄かった…。
この作品は、相変わらず気合いの入れ所が斜め上ですねw


01.jpg

「頑張れよ。これから始まるのは、人生で一番長く、一番大切な3週間だ」

過去の自分に、エールを送るオカリンが良い!
流石に苦しそうですけど、凄く満足した顔してますね。
ここで鈴羽とは一旦お別れとなりますが、
ダルが失敗しなければ7年後にまた会えますし、その時が待ち遠しいかぎり。
ちゃんと、彼女の分のバッジも用意してくれてるとこが嬉しいなぁ。

萌郁も大きな一歩を踏み出せているみたいで、良かった良かった。
笑うと可愛いじゃないですか~。
この様子なら、これからも大丈夫そうですね。


01.jpg

「いや、だから私はクリスティーナでも助手でもないと…!」

思っていたよりも再会シーンはあっさりしていましたが、
これ以上ない、ハッピーエンドでした!
オカリンの「何?俺が守れだと?」という台詞には、思わずニヤニヤしちゃったりw
この新しい世界線でも、思う存分イチャイチャして下さいね。
個人的には、後日談なんかも見てみたい気がするなぁ。
劇場版で、ちょこっと出てきたりしないだろうか。
いや、でもこれ以上弄るのもアレか。う‐む、複雑な心境だぜ…。

未来のことは誰にも分からない。
だからこそ、再会が意味するように、無限の可能性があるんだ。
これが運命石の選択だよ──────

では、改めてスタッフ&キャストの皆さん、素晴らしい作品をありがとうございました。
TBやコメントを下さった方々にも感謝です♪
それでは……最後は、この言葉で締めさせていただくとしましょう。


エル・プサイ・コングルゥ!!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(42) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 42

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。