So-net無料ブログ作成
検索選択

第24話 『魔神の落胤』 [青の祓魔師]


本文は微妙にネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

ストーリー協力:加藤和恵

え…マジですか?先生、ストーリー協力してはったんですか?
オリジナル展開爆走中の青エクですが、
一応原作者である加藤先生も、関わってたんですね~。
いやはや、ちょっとびっくりしました。
じゃあもう、あんまり文句言っちゃ駄目ですねw
個人的に、どのくらいまで協力してたのか気になるなぁ…。
シナリオ協力じゃなくて、ストーリー協力っていうのが何だか引っ掛かったり←


では、以下レビューです ↓


01.jpg

「確かに、ヴァチカンは道を誤ったのかもしれない。
しかし、私はヴァチカンの騎士。
たとえ世界が滅びようとも、私の魂は正十字騎士團と共にある」

いや、「かもしれない」じゃなくて、確実に誤ってるよ。
駄目だ、こいつ。どうしようもないな。
何かエンジェルは、どんどんしょうもない奴になっていきますね(苦笑)
私としては、そろそろ自分の過ちに気付いて、
燐達に協力してくれると頃だと思ったんですけど…。
うん、もうそれは無理そうだわ。諦めます。
それに引き換え、みたらし姐さ…じゃなかった。シュラ姐さんのカッコいいこと!
「もうアンタが聖騎士になっちゃえよ!」ってくらいの男前っぷりを見せてくれましたね。
流石、あの獅郎の弟子ですなぁ。
燐の〝雪男の心に呼びかけよう作戦〟に付き合ってくれるとは思いませんでした。

こんな非常事態でも、ちゃんと燐の意志を汲んでくれるなんて…。
本当に器のデカい人ですね。憧れるわー。
あ、そういえば椿先生も、何気にカッコ良かったですよねw
原作ではあんまり出てこなかったと思うんですが、
アニメの方はスタッフさんに好かれてるのか、やたら出番が多い気がします。
あの「子猫ちゃん」とか言ってた人が、勝呂をサタンの炎から庇ったりするんだもんなぁ。
世の中何が起こるか分かりませんね。

【追記】
他のブロガーさんの感想を読んだ後、慌てて録画したヤツを見直したんですが、
シュラって最初から燐を説得役にするつもりは無かったんですね。
チョーク両手に持ってるやんけ…。
前言撤回。もうちょっと燐のこと信用してやって下さいw

01.jpg

「ユリ、もうすぐだ。
俺達が夢見た世界が、もうすぐ出来るからな…!」

────────で、何でお前は良い人みたいになってんの?
青い夜という名の大量殺戮を起こした揚句、息子を自分の器にしちゃったサタンさん。
一体、どこに同情の余地があるんでしょうか。
嫁さんの願いを叶えたいって気持ちは素晴らしいけど、もうちょっと周り見ましょうぜ。
アンタの大事な人の、大事な物がここには沢山あるんだからさ…。
まぁ、もう口で言っても分からないだろうから、鉄拳制裁あるのみかな(苦笑)
兄弟の絆の力に負けて、雪男の体から出てしまった時点で、
もう敗北は決まってるようなもんですけどね。

ただ、問題なのはどうやって倒すかなんですが。
ここはやっぱり主人公である燐が、倶利伽羅使って倒すのかな?
それとも雪男と協力して、サタンのそれを上回る、青い炎の力で倒すんでしょうか。
どちらにしても、もう祓魔塾メンバーが入り込む隙はないような…。
う‐ん、ちょっとそれだと最終回にしては寂しいですね。
個人的にはベタでも何でもいいから、皆で倒してほしいんだけどなぁw
まぁ、ゴチャゴチャ言っても始まらない。良い最終回を期待しております!

* = * = * = * = * = * 

P.S
精神世界でも眼鏡を外さないその姿勢……雪男は眼鏡キャラの鏡ですね。
わらわら出てきた小さい雪男達もちゃんと眼鏡かけてたし、
何かスタッフさん達の、並々ならぬ〝眼鏡愛〟を感じましたw

01.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(25) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。