So-net無料ブログ作成
検索選択

第25話 『時よ止まれ』 [青の祓魔師]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

時よ止まれ!汝はあまりに美しい!

あれ…もしかしたら一番好きなキャラ、メフィストだったかもしんないw
えー、ということで非常に遅くなりましたが、青エク最終話の感想です。
全体的に辛口な感想になっているので、
「アニメ面白かったよ!」って方は、読まない方がいいかもしれません…。


では、以下レビューです ↓


01.jpg

「ソディアック・スラッシュ!」

いくらなんでも、技名ダサすぎるだろ…!
何かエンジェルは、最後まで役立たずでしたね(苦笑)
ようやく活躍の場が与えられたかと思ったのに、
燐に踏み台にされるわ、サタンには一撃も加えられないわで、
結局最後まで散々な扱いでした。
せめて街に蔓延る魍魎くらいは、彼の力で一掃してもらいたかったかも。
聖騎士なんだから、メフィストみたいに魔法も使えるでしょうしね。
燐の強さを見せつけるために、わざと無能にしたのかもしれませんが、
それにしたってこれは酷い気がします。

エクスワイア達の活躍にしたって、これと同じことが言えますよね。
経験の浅い彼らの方が、経験豊富な祓魔師達より役立つってどうなのよ。
ソーラレイ作戦が思い付かないにしても、結界くらい張れるんじゃないの?
何だかなぁ…突っ込み所多すぎる(汗)

01.jpg

「飛んだ!」

まぁ、でも、燐と雪男が手を繋いで空飛んじゃうシーンに比べれば、
こんなのまだまだ可愛いもんですよねw
確かに〝双子が力を合わせてサタンの野望を打ち砕く〟
というシュチエーションは燃えますが、流石に飛ぶのはまずかったかな…。
こんなことするくらいなら、〝サタン実体化〟とかやっちゃった方が、
盛り上がったと思うんですけどねぇ。
それなら祓魔塾の皆もバトルに参加出来るし、
兄弟の絆だけでなく、友人達との絆も見れて一石二鳥だと思ったり。
いや、まぁ、どうすれば実体化出来るのかは、知らないけど…w


01.jpg

「私達の選んだ道が、正しかったかどうか…
それは、あの子達が確かめてくれる」

う‐ん、ユリに関してはスルーしてもいいですかね?(苦笑)
そもそも『悪魔と人間を同じものとして捉える』っていう考え自体が、
私には間違ってるような気がするんですが…。
悪魔は人間にはなれないし、人間は悪魔にはなれない。
まぁ、中には悪魔落ちという例外もありますが、人と悪魔は基本的には違う生き物です。
やっぱり〝区別〟は必要なんじゃないかなぁ。
相手と自分を一緒くたにすることと、対等な立場で付き合うってことは、
全然違うことだと思いますよ?

だから、燐の「悪魔の言い分を聞いて祓う」っていう考えも、
正直私はあまり賛同出来ません。
っていうか、言い分聞くのに結局祓っちゃうの?
ちょっと言ってる意味がよく分かんないんですけども…まぁ、いいか←
とりあえず、夏目友人帳見て出直してこい(黙
ああいうのが、本当の意味での〝共存〟っていうんじゃないかな…。

01.jpg

「皆から貰った大切な命だろ─────?」

まぁ、でも、墓参りシーンの燐の台詞は良かったですね。
彼らしい台詞だと思いました。
というか、褒められるとこがそこしか見つからな(ry
雪男も難しいこと考えず、燐みたいにストレートに生きられるといいんですが…。
いや、しかし、それだとちょっとバランス悪くなるか。
雪男まで燐みたいになっちゃったら、勝呂が苦労しますねw

───さて、そんなわけで、言いたいことは山ほどありますが、
全部愚痴なのでこの辺にさせていただきますw
アニメオリジナルの展開に入ってからは、
正直観るのが辛かった時もありましたが、何やかんやでまぁ楽しかったです。
スタッフ&キャストの皆さん、お疲れさまでした。
今からでも遅くないから、映画化はやめた方がいいと思います(オイ
そして、TB等送って下さった皆さんに感謝です!

* = * = * = * = * = * 

01.jpg

おまけ。
う‐む、似てるようで似てないような、微妙な感じ…w

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 2

ドューハン

感想完走お疲れ様です!

いやはや…なんと言いましょうか
色々と物議を醸しそうなラストになりましたなぁ。
既読者さんの話を聞く限り、原作では“弟くんは人間のまま”
みたいな雰囲気ではありますしw一応、ストーリーの決着を
つけた姿勢だけは、潔いと言えるのかもしれませんが(苦笑)

なんにせよ…“めぐ母ちゃん”の、『悪気が無いからいいじゃない』
的な思考は、当方は最後まで馴染めなかった次第です。

自然の摂理の“喰った喰われた”の話ならいざ知らず
『知的好奇心』如きで焼き殺されたら、人間だって堪ったモン
じゃないような気が致します…目の前で仲間が燃やされてるのを
目撃しながら、『あなたは優しいヒト』もないような……。

ともあれ、長丁場の感想重ねてお疲れ様でした!
当方も“劇場版”は、やらない方が無難かと思いまする(笑)
by ドューハン (2011-10-07 19:44) 

なるひゃ

こんばんは~。
労いのお言葉、痛み入ります!

>一応、ストーリーの決着を
>つけた姿勢だけは、潔いと言えるのかもしれませんが(苦笑)

まぁ、そうですね……
一応、上手い感じにまとめようとしてましたもんねw
「劇場版では独立したストーリーが描かれる」と言っておきながら、
結局投げっぱなしENDで終わったBLOOD‐Cよりは、
ずっとマシだし、好感が持てます。
原作の方もアニメのおかげで、売り上げが7倍以上伸びたみたいですし、
とりあえず結果オーライということにしておきましょうw

>なんにせよ…“めぐ母ちゃん”の、『悪気が無いからいいじゃない』
>的な思考は、当方は最後まで馴染めなかった次第です。

あそこまで、頭の中がお花畑なキャラもそういませんよね(苦笑)
ユリは、結局最後までずれてたなぁ…。
まぁ、そういう意味ではサタンとお似合いだったと思いますけど。
人として軸がぶれてるというか、何というか……。
う‐ん、せっかくの林原さんがもったいない!
こういうのが声優の無駄遣いって言うんじゃ…ゲホンゴホン。

とりあえず、DVDが出たら、劇場版の方も観てみようかと思います。
何やかんでちょっと気になるのでw

ではでは(・ω・)ノシ
by なるひゃ (2011-10-07 23:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。