So-net無料ブログ作成
検索選択

16話&17話 [Fate/Zero]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

2期に入ってから、1話進むごとに必ず誰か死んでる気がするんだが、
気のせいだろうだろうか。
ということで、先週、感想を書く時間が取れなかったので、
今週はまとめて2本アップ!


では、以下レビューです ↓


第16話 『栄誉の果て』

01.jpg

「聖杯に呪いあれ!その願望に災いあれ!
いつか地獄の釜に落ちながら、
このディルムッドの怒りを思い出せぇぇぇぇぇっ!!」

騎士の理想に燃え、主君への忠誠を貫くことを誓ったランサーと、
誰よりも魔術師然とし、己の名誉のために戦いに参加したケイネス。
相性は最悪で、何もかも噛み合わない2人でしたが、
最後に失ったものが〝誇り〟だという点だけは、同じでしたね。

あれだけ騎士道を重んじていたランサーが、その高潔な精神を捨て、
怨嗟を叫ぶシーンは衝撃でした。
強制自害を強いられるっていうのは、もう某所でネタバレ食らってたんで知ってましたが、
それでもあの顔はちとショックでしたね。
もう騎士っていうか、完全に悪魔じゃないかw
「俺は、お前と出会えて良かった」とか言ってた時は、キラキラしてたのに、
どうしてこうなった…。
くっ、虚淵さんめ~。相変わらず上げて落とすのが上手い!

01.jpg

逆に、ケイネスはといえば、意外に綺麗な終わり方しましたよね。
いや、まぁ、死に方はお世辞にも良いとは言えませんが、
許嫁を救うために、魔術師としての誇りを捨てた点は認めるとしましょう。
ただ、どう足掻いてもソラウには、その想いは届かないっていうのが、また何とも…。
とあるブロガーさんが、ランサー陣営のことを『チーム三竦み』って呼んでたんですが、
ホント言い得て妙ですねw

とりあえず、緑川さん、たくみさん、豊口さんお疲れ様でした!

* = * = * = * = * = * = *

第17話 『第八の契約』

01.jpg

「さぁ、綺礼。始めるとしよう。
お前の采配で見事、この喜劇に幕を引くがいい。
褒美に聖杯を賜わろう」
「異存はない。英雄王、お前もせいぜい楽しむことだ。
望む答えを得るその時まで、この身は道化に甘んじるとも───────」

サーヴァントが1人死ぬ度に、人でなくなっていくアイリとか、
相変わらず、お父様大好きな凛ちゃんが可愛いこととか、もう全部吹っ飛びましたw
いやはや、ついに誕生してしまいましたね、最凶コンビが。
っていうか、もう、時臣さんがピエロすぎて辛い。
結局この人、これといった活躍もせずに亡くなってしもうた…。
ホント、何しに来たのよ、アンタ。
おじさん燃やしたこと以外、特に何もやってないよね?
しかも、「優雅たれ」って言ってくせに、今の所一番酷い死に顔だよ?
今まで速水ボイスのせいで気付かなかったけど、
この人、実はとんでもない小者だったんじゃ…(今更)
まぁ、stay/nightの時点で死亡は確定してたわけだし、どうしようもないよね(苦笑)

速水さん、お疲れ様でした!

01.jpg

それよりも、覚醒しちゃった綺礼は、この後どうするつもりなんでしょうか。
最終的には切継と戦うことになるんでしょうが、それはまだ当分先の話ですよね?
まずは手始めに、雁夜おじさん辺りを苛めに行ったり…するといいな!(黙

私も、大概外道だということに気付いた今日この頃。
Fate/Zeroのせいで、新たな道に目覚めつつある自分が恐いです。

01.jpg

「ああ、そういえば1人、令呪を得たものの相方がおらず、
契約からはぐれたサーヴァントを求めているマスターが、いたはずだった」

そして、今回のギル様はノリノリだった。
素直に「我のマスターなれ!」って言わないとこが、良いですね。
自分が選ぶのではなく、相手に自分を選ばせる辺り、
流石、カリスマAと言ったところでしょうか。
いちいち金粉撒き散らしながら移動する姿も、素敵でしたよw
次回は、切継の過去の話かな?
私の耳が正しければ、予告で喋ってた女の子の声はあやひーだと思うんだが…

次回も待ち遠しい~。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(23) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 23

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。