So-net無料ブログ作成

第2話 『時間跳躍のパラノイア』 [Steins;Gate]


本文はネタばれを含みます。ご注意ください。
画像はクリックで拡大されます。


01.jpg

エル プサイ コングルゥ!

面白い……面白いんだけど、難しい!
ホント、相変わらず感想書きにくいですね(苦笑)
何かどれも伏線のような気がしちゃって、
作品内で起こった現象はもちろん、キャラの言動や仕草なども、
感想を書く際に逐一拾っていくので、非常に面倒臭いですw
でも、文章を書く途中で挫折して、
結局頑張って集めた情報は、ほとんど使わないんですけどね←


では、以下レビューです ↓


01.jpg

漆原るか
声も仕草も女にしか見えない。
だが、男だ。
いや、女より女らしい美少女。
だが、男だ。
まゆりより背は高いが、体つきはとても細い。
だが、男だ。
巫女服が似合っている。
だが、男だ。
もう夕暮だというのに、まだ暑いな。
蝉が鳴いている。
だが、男だ。

何…だと…!?
そ、そんな馬鹿なことがあるか!
だって、こんな可愛い子が…
980円の妖刀・五月雨を、振り回してる姿が堪らなく可愛いこの子が……

男ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっっ!?

確かに声優さんも小林ゆうさんだし、まりほりだし、
別に不自然なとこは何もないんだけども、私は認めない!←
自分でも言ってる意味が分からないけど、認めない!
これ以上、変な嗜好増やすわけには…
『男の娘』なんかに、目覚めるわけにはいかないんですよ。

─────でも、やっぱ可愛いな、ちくしょう。

01.jpg

さて、今回新たに登場した〝世界線〟というワード。
『@ちゃんねる』に現れた、ジョン・タイターを名乗る者によると、
世界線というのは、過去から未来まで続いており、
様々な可能性が重なった状態で存在する、個々に分岐した川のようなものなんだとか。
 
つまり、同じ時間軸に形の違ういくつかの〝未来〟が存在するけれど、
それらは全て独立した存在であり、
時間は共有すれど、その空間は共有していないってことかな?
何かパラレルワールド的な物?
全然「つまり」になってなくて、もう笑うしかないやw

この理論を完全に理解するためには、
まずは、相対性理論を勉強する必要がありそうですね。
何でも、世界線という概念を提唱したのは、かのアインシュタインなんだそうで。
要は、私には一生理解出来ないってことか…。

01.jpg

とりあえず、今回も私的に気になったところをまとめてみました。

・まゆしぃの懐中時計
・ブラウン管工房に新しく入ったバイト、阿万音鈴羽
・タイムマシンは、原子核共同研究機関SERNによって独占されている
・ジョン・タイターに関するダルの記憶や、関連書物が消えた
・30年以上前に発売された、IBN 5100というPCを探す、桐生萌郁
・フェイリス・ニャンニャン !
・ゲルバナは分子レベルまでズタズタになっていた
・電話レンジ(仮)でチンしたバナナは、ゲルバナと化し、机の上の房へと戻っていた

う‐ん、何なんでしょうねぇ…
オカリンだけが色々なことを記憶してる理由も、謎ですね。
仮に彼がタイムトラベルしていたとして、それが記憶の保持とどう関係あるのやら。
でも、よく考えたらまだ2話目ですし、
今回登場したキャラだって、顔見せ程度ですもんね。
全てのピースが揃うのは、まだまだ先になりそうです……。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(41) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 41

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。